ホーム | 日系社会ニュース | 竹村ホーム長辞職へ=あけぼのホーム新人事

竹村ホーム長辞職へ=あけぼのホーム新人事

9月18日(土)

 特別養護老人施設あけぼのホームの竹村英郎ホーム長(66、奈良県出身)が今月いっぱいで辞職することになった。後任は、桜ホーム前ホーム長の岸真司郎(65、広島県出身)さん。竹村ホーム長は一九八二年に援協に入り、日伯友好病院事務長ややすらぎホームホーム長、本部事務局長に就いた。九八年八月から現職。「持ち運び式のトイレ」や「日刊あけぼのニュース」を考案。入所者や職員から親しまれた。
 岸さんは、電気関係の仕事に長らく携わっていた。定年後〇一年に、管理職として援協に迎えられ、桜ホームを任された。今年四月から福祉部に移っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ