ホーム | 日系社会ニュース | サキソフォン演奏する異色の伝道=岸牧師、来月初の来伯

サキソフォン演奏する異色の伝道=岸牧師、来月初の来伯

9月22日(水)

ブラジル日系キリスト教連盟は、来月、日本からサキソフォンを演奏する巡回伝道牧師、岸義紘さん(夫人同伴)を迎える。岸牧師は四一年東京生まれ、早稲田大学、聖契神学校、フラー神学校卒業。今回初めての来伯。十年間で三教会の牧師経験をしてから巡回伝道者に。日本青年宣教大会の主催者として十年間の実績。現在、JTJ神学校の校長、ミッション2001の主管。
 十月八日着聖、ロンドリーナ、マリンガ、クリチーバ、アリアンサ、ピラル・ド・スル、サンパウロと移動。サンパウロでは、十月二十四日午後三時、自由メソジスト・サウーデ教会で「喜びの歌と共に」と題し、伝道大会を行う。問い合わせ電話275・4812。
 岸牧師は、三種類のサックスによって「ダニーボーイ」「アメイジング・グレイス」「闘牛士のマンボ」「アヴェ・マリア」「ゴーイングホーム」「G線上のアリア」などを演奏する。
 

image_print

こちらの記事もどうぞ