ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル人剣士増える=福博剣道大会、26日

ブラジル人剣士増える=福博剣道大会、26日

9月22日(水)

 福博剣道協会は二十六日午前八時から、第三十四回福博剣道大会をスザノ市体育館パウロ・ポルテーラ(バロン・デ・ジャセグアイ街375番)で行う。
 同協会は一九五七年に創立。大会は二十一団体、五百人以上が参加し個人(幼々年、幼年、少年、段外初段、二段三段、四段以上)、団体(幼々年、幼年、少年、段外一・二段、三段以上)の各カテゴリで熱戦が期待される。入場無料。
 日系人の会員が減少傾向にある一方、映画「ウルチモ・サムライ」や宮本武蔵「五輪書」の影響で、ブラジル人、中でも大学生剣士が増えており、参加者全体の三割がブラジル人という。
 林義宣会長は「一生懸命練習した剣士の活躍を一人でも多くの人に見に来てほしい」と語る。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ