ホーム | 日系社会ニュース | 異色の牧師、岸さん=サクソフォン吹き宣教中

異色の牧師、岸さん=サクソフォン吹き宣教中

10月12日(火)

 サクソフォン奏者の牧師として知られる、JTJ宣教神学校学長の岸義紘さん(41年生まれ)がブラジル日系キリスト教連盟(佐藤柱輔理事長)の招へいで八日、来伯した。二十四日までパラナ州のロンドリーナ、マリンガ、クリチーバ各都市ほか、サンパウロ州ではアリアンサ、ピラル・ド・スル、モジ・ダス・クルーゼス、サンパウロで宣教活動やサクソフォンの演奏を行う。
 岸さんは日本国内でサクソフォンのコンサートを開きながら伝道旅行を行った経験を持つ。『ああ、主のひとみ、まなざしよ』『この素晴らしき世界』『アメージンググレース』『川の流れのように』などのCDも発売。著書に『人間関係の回復』『あなたと考える愛というテーマ』などがある。
岸さんは最近日本で目立つ「家族崩壊」現象に深い関心を寄せている。ブラジル日系人家庭でも、コミュニケーションの不和から同じような問題が起きているのではとし、「家族の原点に立ち返って、聖書の言葉から家族のあるべき姿を指し示したい」と力を込める。
 二十四日にはサンパウロ伝道大会が午後三時から、サウーデ教会である。
 岸牧師の訪問日程など問い合わせは11・6168・4141(連盟)まで。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ