ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 イラクの武装組織が日本の青年を人質にし「自衛隊の撤退」を要求してきた。もし日本政府が要求を拒否すれば「人質を殺害する」とも脅かしている。拉致されたのは福岡県直方市出身の香田証生さんという二十四歳の人だが、なぜイラクに向かったのかもはっきりしない。ヨルダンのアンマンでは知り合った日本人が「危険だから」と制止したけれども、耳を貸さずにバスに乗ってイラクへ▼町村信孝外相は、香田さんの行動を「理解に苦しむ」と厳しく批判している。イラクは実質的には戦場といってよく、外務省も幾度となく「退避勧告」を出しているし報道陣の取材や行動にも厳しい制限があるのが実情といっていい。四月に起こった高遠菜穂子さんら三人とフリージャーナリスト安田純平さんが拉致されているし、極めて危険な国であることをきちんと認識する必要がある。何のためのイラクか不明だが、香田君の行動には「無理」がある▼首相は「撤退を拒否」と表明したが、これは立派な見識である。自公民は首相発言を支持しているが何故か共産と社民は「自衛隊撤退論」を主張している。これまでにも、武装勢力は約三十ヵ国百五十人以上の外国人を人質にし約三十人を殺害してるいるが、テロの脅かしヤ圧力に屈するわけにはいかない▼香田君の解放と救出に全力を尽くすべきは当然ながら、いわゆる人質と国家としてのイラク政策は峻別する必要がある。自衛隊のイラク派遣は、日本としての決断であり、テロの脅しや圧力で左右されたりしてはいけない。  (遯)

04/10/28

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]
  • 検察への捜査要請を決めた会合直後のアエシオ上議(George Gianni)2015年7月2日 野党がジウマ追及決める=検察に恐喝容疑で捜査要請  【既報関連】大手建設会社UTCのリカルド・ペッソア被告が6月25日に「14年の大統領選でのジウマ陣営への献金は恐喝されて行った」と語ったとの報道を受け、野党リーダー達が6月30日、ジウマ大統領とエジーニョ・シウヴァ現社会通信局長官を恐喝容疑で捜査するよう検察庁に要請する事 […]
  • クレジット・カード=CSUがコール・センター=時代の波に乗り益々発展2009年8月13日 クレジット・カード=CSUがコール・センター=時代の波に乗り益々発展 ニッケイ新聞 2009年8月13日付け […]
  • 東西南北2011年2月9日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年2月9日付け […]
  • 大耳小耳2011年8月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年8月13日付け […]