ホーム | 日系社会ニュース | 熊本県=県費留学制度存続に熱意=国際課職員を派遣し説明

熊本県=県費留学制度存続に熱意=国際課職員を派遣し説明

11月6日(土)

 地方分権に伴う財政難から県費留学生制度を縮小廃止する県が多い中、〃移民大県〃の熊本県では留学生受け入れ枠の現状維持に努め、研修修了生の追跡調査を行なうなど、存続に積極的な姿勢を見せている。県は昨年に引き続き、国際課職員二人をブラジルに派遣。三日、ブラジル熊本県文化交流協会(福田康雄会長)会館で開かれた県人会員との懇談会で、制度の存続発展に熱意を示し、県人会に対しては自助努力も求めた。

 県民アルゼンチン移住開始七十五周年記念式典に参加後、来伯したのは同県国際化課長の山本理(おさむ)と、同課職員で日系アルゼンチン人二世の松村るみ子さん。
 「現状を維持し、門戸も解放していきたい。そのチャンスを捕まえる努力がしたい。百周年はそのための一つのチャンス」と山本課長。
 「人を作るのは時間がかかる。そのうち成果が生まれることを期待したい」と留学制度の存続に熱を見せる一方で、「県の方で全てを負担していくのは厳しい状況です。互いに努力が必要」と、県人会に対しても自助努力を求めた。
 山本課長らは三日午前、同県の県費留学制度終了生に会い、制度の追跡調査も行った。「県民の税金でやっている事業なので、本当に役立っているのか、それを確かめるのは当然の仕事」と調査の意義を説明する。
 今回は、日立系列の日系企業で働く終了生を訪問した。「日本語もポルトガル語も出来ることから、よい人材を作っているとの評価を社長から得ました。その人材を熊本県として出せたことを誇りに感じています」と語る。
 懇談会終了後、山本課長は「(県人会の)活動を理解してくれる人を県に増やす必要がある。それをブラジルのみなさまの方でも積極的にやって頂きたい」とし、熊本県人会が最近、ブラジル熊本県文化交流協会に名称を変更したことには、「交流という言葉に自立の意志が感じられる」と山本課長は期待を込めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 外間グースさん、単独公演4日に2018年10月25日 外間グースさん、単独公演4日に  アルゼンチン沖縄県系三世の外間グースさんによる単独公演「ライブ・イン・ブラジル」が、来月4日午後7時半から、市内のUMC劇場(Av. Imperatriz Leopoldina, […]
  • 大耳小耳2018年9月21日 大耳小耳  日本力行会(在東京都)の会報『力行世界』1079号が8月に刊行された。それには平成30年春の叙勲で、力行会アルゼンチン支部長の山口義男さんが「旭日単光章」を受賞したことが写真入で報じられていた。1956年にブラジル軍艦で当地に移住後、58年に力行会の仲間数人とアルゼンチンへ転 […]
  • 一 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(11・終り)2018年9月1日 一 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(11・終り) 【深沢】わかります。僕らみたいな邦字紙が、今ブラジルではこういうことが決まりました、こういうときはこういう風にしてくださいという情報を日本語で流して、ブラジルで生活していくうえで摩擦が起きないような役割をしてきたと思うんですよね。  日本のコミュニティにもそういうメデ […]
  • 岩手地酒「南部美人」=来年からブラジル向け特別生産=南米で販路拡大目指す2018年9月1日 岩手地酒「南部美人」=来年からブラジル向け特別生産=南米で販路拡大目指す  岩手の地酒・南部美人は2004年に一升瓶30本の輸出で始まったが、今や世界21カ国に年間数千本を卸している。今月26日に開催された岩手県人会創立60周年記念式典に出席した五代目蔵元・久慈浩介さんに、南米での販路拡大計画や、ブラジル向けに受注した日本酒造りなど、普及にか […]