ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  小さい頃から踊りが大好きで日本舞踊は舞台で披露するほどの芸を誇り野鳥の研究や盲導犬にも深い関心を抱かれる紀宮さまのご婚約が整ったのは嬉しい。真におめでとうございます。紀宮さまは国内の行事にもご出席になることが多いけれども、外国へも毎年のようにご旅行なさる。ここブラジルにもお出でを戴き移民らと語り合い苦労話に耳を傾けられたと聞いたのも懐かしい▼ご婚約の相手は東京都庁に勤務する黒田慶樹さん。秋篠宮さまと学友であり、学習院の頃からの知り合いだそうである。その慶樹さんによると「あんな思慮深い女性は初めて」と手放しであるが、お二人の手紙のやり取りは秋篠宮さまがお手伝いしたそうだから―何とも楽しく微笑ましい。尤も、メールでお互いの心の内を告げるの秘密兵器も大活躍したらしい▼それにしても―皇室には陛下のご病気や皇太子さまのご発言を始め雅子妃殿下の体調不良など、いささか鬱陶しい話が続く。そんな暗い空気の皇居に花という花がぱっと咲きそろい明るくしたのが、紀宮さまのご婚約である。正式な決定は少し先になるけれども、天皇陛下も皇后陛下も大いに喜び嬉しがっているのに違いない▼天皇家の皇女のご結婚は、昭和天皇の五女・清宮貴子内親王以来の慶事である。清宮さまは二十歳の誕生日に記者会見を行い「私の選んだ人を見て下さい」と語りみんなを驚かせたことがある。あれが1959年の3月。お相手は島津久永氏であるが、紀宮さまも黒田慶樹木さんとすばらしいご家庭を―。   (遯)

04/11/18

image_print

こちらの記事もどうぞ