ホーム | 日系社会ニュース | 商議所田中会頭が続投

商議所田中会頭が続投

11月24日(水)

 ブラジル日本商工会議所(田中信会頭)は十九日の臨時総会で〇五年度常任理事選挙を行い、次期会頭に現職の田中会頭を再選出した。選ばれた十三名の常任理事は次の通り。
 ◎会頭=田中信(リベルコン・ビジネス)◎副会頭=石川清治(YKK)、金岡正洋(伊藤忠)、岩村哲夫(ホンダ)、遠藤雅清(南米保田保険)◎専任理事=多田稔(三菱商事)、二宮徹(東洋紡)、瀬山雅博(パナソニック)、浅賀健一(新日鉄)、村田俊典(ブラデスコ銀行)、三角岳明(三井住友銀行)、大前孝雄(三井物産)、桜井悌司(JETRО)。
 田中会頭は「〇三年一月に会頭就任と同時に、商工会議所の大改革実施に着手して二年が経過した。今後二年間はさらなる改革を積極的に推し進めたい。小泉純一郎総理の来伯、来年のルーラ大統領の訪日と、両国は政治・経済で緊密化してきており、投資や貿易の活性化と共に、会員拡大に力を注ぐ」と抱負を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ