ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。
 「地震、雷、火事、親父」の「雷」や「親父」の脅威が薄れつつある日本では、地震の怖さがいっそう際立つ。新潟中越の悲劇的な映像も印象に残る一年だった。
 映像といえば、世界的な大物写真家が相次いで亡くなった年としても記憶されるだろう。「決定的瞬間」で知られたブレッソン(仏)や、ニュートン(独)、アベドン(米)らの鮮烈で彫りの深い「視線」を失ったのはなんとも惜しい。
 さて、〇五年という印画紙にはどんなイメージが焼き付けられるか。色調で例えるなら、暗いモノクロではなく、バラ色であって欲しいと願うばかりだ。    (大)

04/12/28

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本永群起氏、49日2010年5月28日 本永群起氏、49日 ニッケイ新聞 2010年5月28日付け  10日に亡くなったツニブラ・トラベル元専務の本永群起さんの49日が、6月27日午後2時からサンパウロ市ビラマリア―ナ区の本門仏立宗日教寺(イバラギ・ニッスイ街166番)で行われる。 […]
  • PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展2018年9月18日 PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展  邦人駐在員が自由にプレーできるゴルフ場として創設された社団法人PLゴルフクラブ(天野一郎理事長)――「開場50周年記念大会」が16日に開催され、同クラブ主催のコンペとしては過去最大となる約200人が参加し、半世紀の節目の年を盛大に祝した。  アルジャーゴルフクラブに […]
  • 生まれる子は他人の手に=子を生かすために涙呑む=北東伯で続く悲しい選択C2013年9月28日 生まれる子は他人の手に=子を生かすために涙呑む=北東伯で続く悲しい選択C ニッケイ新聞 2013年9月12日  「娘を他人にあげた事は後悔していない。少なくとも餓死する事はないし、将来もある」—。北東伯に住む貧しい家族の現実を伝える母親達の言葉とその歴史の一端を、8日付エスタード紙が報じた。 […]
  • コラム 樹海2009年12月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2009年12月23日付け […]
  • 聖南西教育研究会が創立30年誌2014年4月11日 聖南西教育研究会が創立30年誌 ニッケイ新聞 2014年4月11日  昨年創立30周年を迎えた聖南西教育研究会(福沢一興会長)がこのほど、日ポ両語の記念誌・写真集を刊行した(発行部数300)。 お話学習発表会や林間学校、青空スポーツ教室に臨む児童らの生き生きとした表情が満載で、年間活動報告、歴代役員、JICA […]