fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 インドネシアのスマトラ島沖で巨大な地震が発生し大津波の猛威がスリランカやインド、タイなどに襲い掛かった。まだはっきりとした犠牲者数は不明だけれども、死者は二万人を超えるの情報が伝わっている。この津波はアフリカや南極でも観測されており明治二十九年に起こった「三陸明治地震津波」と同じ規模らしい。あの三陸津波では死者が二万二千六十六人もあり波の高さは三十八メートルと記録されている▼地震津波のあった二十六日は日曜日。朝とはいえ青い海に見とれながら散策していた人々も多かったろう。それを目指すかのように高さ十メートルもの「水の壁」が襲い掛かってくる。旅行者や漁民らは波から逃れようと走りまくるのだが津波の足は速い。時速が約七〇〇キロとも八〇〇キロものスピードで高波は走る。最新式の戦闘機と同じ速度の「波濤」が襲撃してくる恐ろしさ―は人の想像を超える▼目撃者は「死者の頭は崩れ片手はなく―」と悲惨さを語っているが、明治三陸津波の伝承碑にも「死者は頭脳を砕き、或いは手を抜き足を折り実に名状すべからず」と惨状を伝えている。旧国名の陸前、陸中、陸奥の総称が三陸なのだが、この一帯は昔から津波を何回も経験している▼このために地震津波からの教訓を学んでおり、地震と津波は繋がっている。ところがスマトラ島沖では、この連携が無かったらしい。人的被害が大きいのもこれが原因とされるが、こんな天災の無い新年をと祈っている。  (遯)

04/12/28

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2008年12月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年12月9日付け […]
  • 宮崎県人会=08年度定期総会2008年1月22日 宮崎県人会=08年度定期総会 ニッケイ新聞 2008年1月22日付け  宮崎県人会(長友契蔵会長)は、二月十日午前九時半(第一次招集)から、会館で、〇八年度定期総会を行う。定例議事のあと監査役選挙、その他。 […]
  • 【第24回ブラジル環境法会議】グァラピランガ聖地で環境活動=自然との完全な調和を体験2019年6月22日 【第24回ブラジル環境法会議】グァラピランガ聖地で環境活動=自然との完全な調和を体験  第24回ブラジル環境法会議の出席者20人が5月26日、サンパウロ市のグァラピランガ聖地を訪問し、今年で3年連続となる6時間の環境活動を体験した。  聖地はブラジル世界救世教により1995年、サンパウロ市グァラピランガ湖畔の総面積32万7500平米の土地に竣工された。 […]
  • なつメロ合唱の集い2011年2月2日 なつメロ合唱の集い ニッケイ新聞 2011年2月2日付け  なつメロ合唱の集いが5日正午から老ク連センター(R. Dr. Siqueira Campos, 134)で開かれる。参加自由。会場費は6レアル(老ク連会員は4レアル)。 […]
  • またひとつ大きな損失=パカワラ族のボゼさん死亡=部族言語の最後の話者逝く2013年1月24日 またひとつ大きな損失=パカワラ族のボゼさん死亡=部族言語の最後の話者逝く ニッケイ新聞 2013年1月24日付け  アマゾンの森林地帯に住む先住民部族の一つであるパカワラ族のボゼ・ヤクさんが亡くなり、パカワラ語が消滅と23日付G1サイトが報じた。 […]