ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 「一富士二鷹三茄子」が吉夢とされるが、今年の初夢はどうでしたか。日本では、宝船の絵を描いた印刷物を枕の下に入れて寝るといい夢を見るとされたものだが、ここブラジルには恐らくないのではないか。貘を描いたのを敷いて寝ると凶夢は見ないとされるが、これも当地で手に入れるのは難しい▼これは中国の俗説が日本に伝わったものだが、白楽天も「貘は南方の山に生まれ、その皮に寝れば疫病を避け、その形を図すれば邪を避ける」と書いているそうだから、かなり多くの人々が深く敬い信じたのだろう。この「南方の山」は、今ならマレー半島からタイやインドネシアのスマトラ島であり、実際に貘はこの地域の山々に多く棲み暮らしている。ご存じのように記録的な大津波が起こり多くの人命を奪った所である▼あの津波の第一報では死者二万超であった。それが次ぎから次ぎと犠牲者が増えてくる。その数字が五万人を突破したときには「あっ―これは歴史的な災害になる」の直感が走った。それでも―増える。タイやスリランカでも日本人の犠牲者が三人から五人と際限がないように膨らむ。防衛庁も救援のために海上自衛隊の護衛艦三隻の派遣を決める▼そして―地震津波の死者は十四万四〇〇〇人となる。これも最終的に確認された数字ではないし、既に十五万人の説もある。国連では「津波被害としては史上最悪」と語る。日米などの首脳がインドネシアで救済のための会議も開く。今は唯―。犠牲者の冥福を祈り被災者の健康を心配するばかりである。(遯) 

05/01/04

image_print

こちらの記事もどうぞ