ホーム | 日系社会ニュース | 日伯往来し制作 画家の森一浩さん=赤も青もブラジル風

日伯往来し制作 画家の森一浩さん=赤も青もブラジル風

1月5日(水)

 【東京支社】森一浩さんの個展が昨年十一月三十日から十二月十一日まで、東京・神宮前の色彩美術館で開かれた。「イタペセリカ・ダ・セーラ」と題された今展には、サンパウロ、サントスで描いた近作三十点が展示された。
 森さんは一九四九年、サンパウロ・イタペセリカ・ダ・セーラ生まれ。六歳からは、両親の故郷である鹿児島で過ごした。その後、美術の世界を目指し東京芸術大学に進学。八二年、同大学大学院博士課程を修了。安宅賞、大橋賞など数々の賞を受賞している。
 自身の画風について森さんは、「東洋的なものをもちつつ、ヨーロッパ文化がある。異文化的なものまざっている時期」と語る。
 九六年からサンパウロでも制作を続け、ブラジルの風土の影響が作品ににじみはじめている。「日本の赤は朱や茜色ですが、ぼくのはワインカラーぽい。ブルーも日本のブルーと違っている」という。
 六日にはブラジルへ。サンパウロで約三ヶ月間制作に没頭するつもりだ。
 「日本とブラジルで、三カ月おきに制作する生活が当分つづくと思います」
 〇六年にはサンパウロ州立美術館での個展を予定している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年3月8日 東西南北  6日午前、複数の市をまたいで走るEMTUのバスと、トラックがサンパウロ大都市圏エンブグアスーで衝突し、2人が死亡、25人が重軽傷を負う事故が起きた。同日午前8時30分頃、プレフェイト・ベント・ロジェール・ドミンゲス道のきついカーブの部分で、イタペセリカ・ダ・セーラ行きのバスが […]
  • 東西南北2018年1月20日 東西南北  来週は全ブラジルの目が、24日のルーラ元大統領の第2審裁判に釘付けになりそうな予感だ。裁判は午前8時30分からはじまり、午後3時頃には判決が出そうとのこと。この裁判の模様が当日、開催場所となる第4連邦地域裁から、ユーチューブを通じて生中継される。あまりにもたくさんの人が見るた […]
  • 11月03日から11月09日までのサンパウロ市のイベント情報2017年11月2日 11月03日から11月09日までのサンパウロ市のイベント情報 【サッカー】 《全国選手権》   <第32節>   11/4(土)   ・サントス対アトレチコ・ミネイロ(ヴィラ・ベルミロ)   ・アトレチコ・ゴイアニエンセ対サンパウロ(セーラ・ドウラーダ)   […]
  • サンパウロ州=セスナ機墜落で3人が死亡=民家の中庭に落ち住民は無事2017年10月10日 サンパウロ州=セスナ機墜落で3人が死亡=民家の中庭に落ち住民は無事  サンパウロ州サンジョゼ・ド・リオ・プレットで9日、セスナ機が民家に墜落し、乗っていた3人が死亡する事故が発生した。9日付現地紙サイトが報じている。  飛行機はこの日の正午過ぎに、同市ノルエガ街274番地の民家に墜落した。墜落場所が民家の中庭だったこともあり、民家の住民は全員 […]
  • 開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う2016年11月7日 開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う  戦後、新天地に夢を追い、国家建設に燃えた青年たちが渡伯して60年―。南米産業開発青年隊協会(渡邉進会長)は先月29、30両日、サンパウロ州郊外アヴァレー郡内ホテルで、『60周年記念大会』を開催した。全伯各地、遠くは日本やポルトガルから延べ57人の元隊員が結集。その家族ら合 […]