ホーム | 日系社会ニュース | 修養団=本部の講師招き=青年向け講習会など

修養団=本部の講師招き=青年向け講習会など

1月6日(木)

 一九〇六年に始まり日本で最も古い歴史を持つ社会教育団体の一つ、財団法人修養団の坂本大生(もとたか、60)講師が三日、サンパウロ、パラナの各州で講演会や、青少年育成のための講習会を行うため来伯した。
 二泊三日の講習会は七日から始まるモジ・ダス・クルーゼスを皮切りに、十四日からスザノ、二十一日からマウア、二十五日からアサイ、二十八日からマリンガである。参加者の中心は七歳から十六歳までの日本語学校の生徒。各講習会に約百人が参加する予定だ。
 坂本講師は三年前に来伯した際、講習会で『あめふり』の歌を聞いて「とても感動しました」と振り返る。「この歌は支え合って生きるという、現在の日本では忘れ去られがちの共存共栄の精神が込められている。参加者たちは目に涙を浮かべ歌っていた」
 講習会では朝六時半に起床し、清掃から一日がスタートする。目隠しをして歩くブラインド・ウォークなどを通して「人を大事にする気持ち、感謝の気持ちを養ってもらう」という。
 一方の講演会は十三日の憩いの園を始め、プロミッソン、アラサツーバ、アリアンサ、エンブー、サント・アマーロ各地の日系団体と、SOHO事務所などで行われる。
 坂本講師は『理解から信頼へ』という本を刊行しており、講演ではこの内容に加え、見る気、聞く気、やる気の「三気の精神」をテーマに話をする。
 またロンドリーナでは十八日から二十日まで、十四歳以上を対象にした、リーダー養成講座も開かれる。
 来月の十日、坂本講師は帰国の途につく。
 参加希望者は今からでも申し込み可能。連絡は、ブラジル修養団の蓮沼芙美雄総務、11・3813・7976まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨2020年9月23日 ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨  大サンパウロ都市圏以外の地域の本紙配達を委任してきたトランスフォーリャ社が、10月1日から契約を解消すると通告してきた。大サンパウロ都市圏の多くは、本紙のモトケイロが直接に配達しているので変更なし。  ただし、トランスフォーリャ社が担当してきた地域は、来週後半から郵便に切り […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]