ホーム | 日系社会ニュース | 寄付16万レアル超える=新潟中越地震救援委員会 第一弾送金へ

寄付16万レアル超える=新潟中越地震救援委員会 第一弾送金へ

1月7日(金)

 ブラジル日本文化協会、新潟県人会などが中心となって組織された新潟中越地震救援委員会(松尾治委員長)の支援特別口座には五日朝時点で、十六万二百二十四レアルもの寄付が全伯から寄せられており、第一弾を日本へ送金することになった。
 四日までに集まっていた五万三千五百ドル(約五百五十六万円)を第一弾として送金するために中央銀行に申請をしており、一週間程度で許可が下りそうだ。
 松尾委員長は「年が明けても、数え切れないくらいの善意が、続々と全伯から寄せられています。もしかして二十万レアル以上いくかもしれません」と語った。寄付は今月いっぱい受け付け、その後、日本へ送られる。
 四日までに寄せられた大型寄付は、各団体の寄付をまとめた新潟県人会(六万七千レアル、以下単位略)を筆頭に、次の通り。
 ▼援協(八千六百八十一)▼エフィジェニオ・サーレス自治会(マナウス、五千四百)▼タムラ・トヨアキ(二千五百)▼アダマンチーナ文協(千八百五十)▼アマゾナス日伯商工会議所(千五百九十五)▼リベイロン・プレット文協(千五百)▼テレゾーポリス日系クラブ(千三百)▼グアタパラ文協(一千)▼エミウトン・モレイラ・ローザ(バイーア日本国名誉領事、一千)▼オカダ・カズマサ(一千)▼エンドウ・ミホコ(一千)▼スワ・トミ(一千)▼ニッポン・カントリー・クラブ(一千)▼カランジルー文協(一千)▼永山八郎(一千)▼アルゼア・アレグレ文協(一千)▼福岡県人会バウルー支部(七百七十五)▼イビラプエラ陸上ベテラノ会(七百四十)▼ヤマト・コメルシアル社とその従業員(五百九十六)▼マツモト・ヒロフミCEASA-SP(五百七十二)▼タケナカ・ミチコ(五百十)▼フジモト・トダ・ノリコ(五百)▼エグチ・イサオ(五百)▼ピニェイロス文化親睦団体(五百)など。
 なお、支援口座は、ブラデスコ銀行(銀行番号237)リベルダーデ支店(支店番号0131-7)口座番号123・300-9。振り込み先SOCIEDADE BRASILEIRA DE CULTURA JAPONESA。

image_print

こちらの記事もどうぞ