ホーム | 日系社会ニュース | 池崎氏がACAL会長続投=「サンパウロ市で一番の街に!」=役員半数が新任、新会員獲得へ

池崎氏がACAL会長続投=「サンパウロ市で一番の街に!」=役員半数が新任、新会員獲得へ

宣誓した新役員の皆さん

宣誓した新役員の皆さん

 リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は「新役員就任式並びに新年会」を今月5日夜、東洋会館で催した。美用化粧品販売大手「池崎商会」の池崎博文氏(92、熊本)が会長職を続投し、役員の半数近くが新任となる、19―21年新体制が発足した。今期の課題は、減少する会員の新規獲得だ。昨年に名称変更された〝日本人街〟の名のもと、日系人であるかを問わずに新規会員を募り、ともに聖市で一番の街を築いてゆきたい考えだ。
 同日午後8時に式典が開始され、ブラジル国歌斉唱の後、先月28日に逝去した羽藤譲二聖州議、並びに、ブルマジーニョ鉱山ダム決壊事故の犠牲者に対して一分間の黙祷が捧げられた。
 その後、挨拶した網野弥太郎評議員会長は、日本人街として発展してきたリベルダーデの歴史を回顧。広場とメトロに日本名が加えられたことに触れ、「今日のリベルダーデは日本と同義」と強調した。
 一方で「40年前に350~400だった会員は今では半分以下。当会の活動を危うくする憂慮すべき数値」と厳しい現状認識を示し、「先人の努力により命名されたリベルダーデ・ジャポンの名が、今日の役員と未来のACALにより維持、強化されることを期待したい」と話した。
 その後、羽藤ジョルジ聖市議、山下譲二文協評議員会長、西川パウロ聖州議、楠彰在聖首席領事が祝辞を寄せた。
 池崎会長は「(名称変更は)110年を迎えた日系社会への最大の贈り物で、このほど重要なものはない。これは燦然と輝くコロニアの歴史と軌跡を代表するものなのです」と話し、「この名に恥じないよう、我々は団結し、手を共に携えてより一層努力し、新会員を増やし、この地区に根づくいかなる国籍の人々とともに、この街が聖市の模範となるようにしていくことを約束したい」と決意を改めた。


□関連コラム□大耳小耳

 本紙の取材に対し、池崎会長は「せっかくメトロ駅の名前を変更してもらったのだから、それに恥じない建物にしなくては」と話し、「ここに着いたら日本に来たと思ってもらえるよう、日本の地下鉄駅構内のモデルを導入し、それに劣らない綺麗なものを作る。滝などを作り、あっと言わせるものができれば」と壮大な腹案を明かした。肥後もっこすで矍鑠としている池崎会長だが、すでに齢92歳。新役員のなかから、池崎会長の意思を継ぐリーダーがそろそろ育って欲しいところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会2019年2月22日 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会  第39回南大河州鹿児島県人会の新年会がイボチで1月19日(日)に開かれ、約150人が集まり、盛大に祝いました。  新会長の笹田ルイスさんは、「20人の役員のおかげで毎年この会が開ける」と謝辞を述べました。  ポルトアレグレの近藤領事事務所長と、ブラジル鹿児島県人会 […]