ホーム | 日系社会ニュース | いけ花協会「HATSUIKE」=新春らしく明るく

いけ花協会「HATSUIKE」=新春らしく明るく

1月11日(火)

 ブラジルいけ花協会(田中エミリア会長)の新年の生け初めとなる、第四回「HATSUIKE」が、八日正午より文協貴賓室で行なわれた。丸橋次郎サンパウロ首席領事夫妻、杉本麗名副領事、上原幸啓文協会長、野村丈吾元下議、野村アウレリオ市議をはじめ、約八十人が出席。会場には、十三流派による華麗ないけ花約四十瓶が展示され、抽選会も催された。司会は小川彰夫文協広報理事。
 昨年同会は、サンパウロ市制四百五十周年や茶道裏千家五十周年など多数の記念行事に参加した。田中会長は挨拶中、一つ一つの行事を振り返り、「微々ながら、日本伝統文化の普及に貢献できた」と話し、さらに今年は、文協創立五十周年の関連イベントに積極的に協力していく姿勢を見せた。
 成宮ウーゴさんとヘナン・フェルナンデスさんによる藤間流日本舞踊「富士」が、新春らしく、明るく華やかな印象の花々に一層の彩りを添えた。出席者は、一瓶一瓶の前で足を止めて花々を愛でていた。
 東本願寺でいけ花をしているという中田和子さん(67)は、「道端や山で素通りしてしまうような花が、いけ花によって生かされている」といけ花の魅力を語りながら、「日本文化は素晴らしいとつくづく感じました。何千年も生きてきた伝統を自分たちだけで味わっていてはもったいない」と、次世代への継承の必要性を強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨2020年9月23日 ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨  大サンパウロ都市圏以外の地域の本紙配達を委任してきたトランスフォーリャ社が、10月1日から契約を解消すると通告してきた。大サンパウロ都市圏の多くは、本紙のモトケイロが直接に配達しているので変更なし。  ただし、トランスフォーリャ社が担当してきた地域は、来週後半から郵便に切り […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]