ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 神の王国世界教会=新党結成へ=自由党との蜜月時代終わる

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年7月28日 東西南北  服役中にもかかわらず、ルーラ元大統領を大統領選の候補にすることにこだわり続けている労働者党(PT)。現地紙によると、大統領選に際した同党の公約の中には「最高裁に制限を加える」というものがあるという。それによると、「最高裁判事は憲法を遵守し、かつ、国際感覚を持った人でなければな […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月9日 東西南北  8日午前に突如発表されたジョアキン・バルボーザ氏の大統領選出馬断念。テレビ司会者のルシアノ・フッキ氏が出馬断念後に、「政界浄化」の希望を込めてそれなりに高い支持率を得ていた同氏だったが、そこはやはり元々が政治家ではない人物。「きれいそうなイメージ」だけでは政治はできない、とい […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]