ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

1月15日(土)

 『蜂鳥』十二月号が発行された。巻頭「写生」(野見山朱鳥助言抄より)、「郭公(十五句)」(富重かずま)。蜂鳥集(かずま選)、同集評(富重かずま)、「ポインセチア(十五句)」(松井明子、その一句「物乞の犬引き連れて師走かな」)、「病床吟(十句)」(片山司蘭、その一句「水中花の紅が気になる痛みかな」)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 島内大使、上原氏に空軍功労章=「空軍の日」に首都で授章式2007年10月6日 島内大使、上原氏に空軍功労章=「空軍の日」に首都で授章式 ニッケイ新聞 2007年10月6日付け  今月四日付けの連邦官報で、島内憲駐伯日本国特命全権大使が空軍功労勲章としてグラン・オフィシャル章を、ブラジル日本文化福祉協会の上原幸啓会長が同コメンダドール章を受章すると発表された。 […]
  • 《ブラジル》糖尿病治療に胃の手術?=連邦医師審議会が有効性認める2017年12月9日 《ブラジル》糖尿病治療に胃の手術?=連邦医師審議会が有効性認める  連邦医師審議会(CFM)が7日、胃の一部を切除したり、バイパスを設けたりする手術が、2型の糖尿病患者の治療法として有効であるとの見解を発表した。  2型の糖尿病は、遺伝的に糖尿病になりやすい人が肥満や運動不足、ストレスなどをきっかけに起こり、インスリンの効果が出にくくなった […]
  • 《ブラジル》就業時間も給与も半分に?=コロナ対策で政府が暫定令検討=非正規雇用者に月額200レアル支給も2020年3月20日 《ブラジル》就業時間も給与も半分に?=コロナ対策で政府が暫定令検討=非正規雇用者に月額200レアル支給も  【既報関連】新型コロナウイルスショックが経済を直撃している中、ブラジル政府は18日、「労働者の就業時間と給与を企業側が最大で半減することを許可する措置や、非正規雇用の労働者に3カ月間、月額200レアルのバウチャー(商品券)を配布する措置などを含んだ暫定令(MP)を出す […]
  • 《サンパウロ》動植物園周辺市民に呼びかけ=黄熱病ワクチンの接種を2019年2月13日 《サンパウロ》動植物園周辺市民に呼びかけ=黄熱病ワクチンの接種を  【既報関連】サンパウロ市南部の動物園で8日、黄熱病に感染した猿が見つかったことから、サンパウロ市役所は動物園とそこに隣接する植物園から300メートル以内の家を直接訪問し、黄熱病予防ワクチンの摂取を呼びかけることを決定した。  市は、200人以上の保健担当職員を動員し […]
  • 南大河で雹や洪水の被害=2日連続で州都など襲う2014年10月18日 南大河で雹や洪水の被害=2日連続で州都など襲う  南大河州では16、17日と連続して大粒の雹が降り、家屋の損壊や洪水などが起きている。17日付G1サイトによると、州都のポルト・アレグレでは、道の真ん中に大きな穴が開き、市民の生活にも支障が生じているという。 17日の降雹は、州西部のロザリオ・ド・スルで少なくとも100軒に […]