ホーム | 日系社会ニュース | パラグァイ、ボリヴィア初参加=日本語ふれあいセミナー始まる=協調性・自主性・責任感養う

パラグァイ、ボリヴィア初参加=日本語ふれあいセミナー始まる=協調性・自主性・責任感養う

1月20日(木)

 【既報関連】ブラジル日本語センター(谷広海理事長)主催の第六回日本語ふれあいセミナー(全伯少年少女交流合宿)が十八日にサンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の北海道交流センターで始まり、開講式が同日午前九時から開かれた。
 式にはサンパウロ総領事館をはじめ、後援・協賛企業のニッケイ新聞社、サンパウロ新聞社、ヤクルト、サツマ屋、場所を提供した北海道協会の代表者らが出席。約百二十人の参加者を激励した。スマトラ沖大地震・インド洋津波による犠牲者の冥福を祈って、まず黙祷。続いて両国歌を斉唱した。
 この後、谷理事長があいさつ。「日本語を通じて友情の輪を広げ、一人、二人と友達をつくって帰ってほしい」と励ました。杉本麗名副領事は「工場見学や映画監督の講演など多彩なプログラムに印象を受けました」などと語り、スタッフの企画力に賛辞を送った。
 今回パラグァイとボリヴィアが初めて参加した。両国の十四人が前列に進み出て、壇上の来賓とブラジル人生徒に一礼して顔合わせ。最後に、記念撮影を行い、オリエンテーションに移っていった。
 ボリヴィアの池田アツシさん(13、サンファン)、本多ヨシマサさん(13、サンファン)、久高マサキさん(13、サンタクルース)の三人は「サンパウロが大きな町で驚きました。友達をたくさんつくりたい」と目を輝かせていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福岡=世界中から「郷土愛」持ち寄る=第10回県人会世界大会=(下)=パラグアイ日系人女性の願い2019年11月26日 福岡=世界中から「郷土愛」持ち寄る=第10回県人会世界大会=(下)=パラグアイ日系人女性の願い  大会2日目(11月7日)、各県人会の代表者は会議に出席し、ほか190人の海外からの参加者は宗像大社辺津宮(へつぐう)の観光視察に向かった。宗像大社は4世紀から国家的な祭祀が行われていて、東洋からの交易品が多数出土している。その歴史的な価値を認められ、2017年に関連する遺跡群 […]
  • 眞子さま、南米へ出発=移住80周年式典で挨拶2016年9月7日 眞子さま、南米へ出発=移住80周年式典で挨拶  【共同】秋篠宮家の長女眞子さまは6日、南米のパラグアイを公式訪問するため、民間機で羽田を出発された。日本人の移住80周年記念式典などに出席し、16日に帰国する。  宮内庁によると、眞子さまは現地時間9日の記念式典であいさつするほか、代表的な移住地を訪ねて日系人と交流する。世 […]
  • 眞子さま南米から帰国=移住80周年式典に出席2016年9月17日 眞子さま南米から帰国=移住80周年式典に出席  【共同】日本人の移住80周年記念式典などに出席するため、南米のパラグアイを訪問していた秋篠宮家の長女眞子さまは16日、羽田着の民間機で帰国された。  6日に出発した眞子さまは、パラグアイの首都アスンシオン近郊で現地時間の9日に開かれた式典に出席。「移住者が多くの困難を勤勉、 […]
  • トヨタ=新型エティオスを輸出開始=南米で4カ国目ペルーへ=国内販売に加え輸出も伸長2016年7月16日 トヨタ=新型エティオスを輸出開始=南米で4カ国目ペルーへ=国内販売に加え輸出も伸長  ブラジルを製造拠点として、中南米カリブ地域への市場進出に攻勢を強めるトヨタ自動車。今年、4月に販売開始となった新型「エティオス2017」のペルーへの輸出開始を記念して、今月12日、同車種の製造拠点であるソロカバ工場で記念式典を行った。ブラジルから南米地域への輸出は、13年アル […]
  • CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人2016年7月20日 CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人  中央開発コーポレーション(以下CKC、本社・東京)は12日、サンパウロ市の宮城県人会館で「第1回日系農業者団体連携強化会議」を行った。これは日本農林水産省による「中南米日系農業者連携交流委託事業」の一環で、来年度までの5年間実施されているもの。ブラジル各地を始めパラグアイ、ボ […]