ホーム | 日系社会ニュース | 人文研=日本語教育の現場みたい=長崎シーボルト大の関谷教授

人文研=日本語教育の現場みたい=長崎シーボルト大の関谷教授

ニッケイ新聞 2007年10月16日付け

 県立長崎シーボルト大学国際情報学部国際交流学科の関谷融教授(48)が十日来伯、研究員としてサンパウロ人文科学研究所に籍を置きながら、三月末までの半年間、ブラジルにおける日本語教育の調査を行なう。
 同大学では、日本語教育能力試験合格者などと同等の資格を与えられる日本語教師養成コースの設置を目指しており、すでにイギリスやアメリカにも関係者を派遣しているという。
 関谷さんは、すでに今年三、六月に二度来伯、サンパウロ総合大学の日本語学科などの視察を行なった。
 「在学中の日本人生徒が留学生に教えることで実習などもできるのでは。そういうノウハウも吸収していきたい」。
 関谷さんは、父親がブラジルの駐在員だったことから、三歳から六歳までサンパウロ州アメリカーナス市で育ち、ブラジル生まれの弟もいる。
 「青い空に黄色のイペーがキレイだったことを覚えています」と話し、ブラジルには、ノスタルジーを感じてきたという。
 滞在期間は半年だが、大学の休暇、ナタル、新年、カーニバル、と続くため、「どのくらい調査できるのか不安」と笑いながらも、「伝統あるブラジルの日本語教育の現場を訪れたい」と積極的な姿勢を見せ、関係者への協力を呼びかけている。
 関谷さんの連絡先は、人文研(電話=11・3277・8616)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 第20回日本祭り=見どころ盛りだくさん!=日本最高峰の民謡歌い手も=ミス・ニッケイやコスプレ=今年もメトロから無料バス2017年7月1日 第20回日本祭り=見どころ盛りだくさん!=日本最高峰の民謡歌い手も=ミス・ニッケイやコスプレ=今年もメトロから無料バス  本国以外では世界最大級の日本をテーマにした祭典、「第20回日本祭り」が、いよいよ一週間後に迫った。日系社会が誇る47都道府県の芸能や郷土食が一堂に会し、全伯からブラジル人観光客が訪れるサンパウロ市が誇る一大風物詩だ。安倍晋三首相がスポーツ分野における日本政府の国際貢献策として […]
  • カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」2017年2月10日 カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」  サンパウロの有力サンバチーム「ヴァイヴァイ」(ダルリ・シウヴァ会長)が1月31日、ニッケイパレスホテルで記者会見を行った。会見には50人の報道関係者らが集まり、今年度の発表を聞いた。  会見には同チームのトヴィアス・ダ・ヴァイヴァイ名誉会長のほかジレトール・デ・カーニバ […]
  • エドアルド 質疑応答 (New!)2016年5月2日 エドアルド 質疑応答 (New!) サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモ […]
  • ニッケイ俳壇(885)=富重久子 選2016年4月27日 ニッケイ俳壇(885)=富重久子 選    カンポ・グランデ      秋枝つね子夏の雲ぼんやり見てる九十才【雲の美しさは色々あるが、特に夏の雲は変化が多い。『綿帽子雲』『積雲』『雲の峰』等。 作者は広く養鶏をしていて、もう九十歳といわれる。仕事の合間にほっと一息ついて空を見上げると、青空に夏雲が快く広がっていて、 […]