ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  邦字新聞の熱心な読者で、八十数歳の女性がいる。亡き夫が以前ブラ拓につとめていた関係で、いわゆる戦前からの「コロニアの人や出来事」にくわしい。知名の人物が、公私両面で、過去どういう言動をしていたのか、といったあたりである。尤も、その検証は不可能だが…▼女性は、わたしたち新聞づくりにたずさわる者にとってアタマの痛いことを言う。「新聞が書く(故人の)人物紹介には納得できない点がたまにある。実像との違いは大きい」「(あの件は)実際にはあんなじゃなかった」というふうにである。記憶力抜群で、いわゆる「端倪(たんげい)すべからず」だ▼弁解めくのは致し方ないが、邦字紙の新聞記者は、今や古い者で六〇年代の初めの渡航である。だから、直接会ったり、話を聞けない人たちのことや古い事件を扱う場合は、資料に頼ったり、健在の人に話を聞いているのである。新聞が印刷されてから「おかしい」と指摘されても、当惑するばかりである▼最近の社会事象を記事にした場合は、それが、活字として残り、後世、資料として使用される。こうした記事に関しては、さすがの八十数歳女性も「それは、違うんじゃないの」とは言わない▼コロニアでは、その時代、影響力がよりあって、発言力の強い人物が言ったこと、先に活字になったことが「正史」になったといわれる。コメント(答え)は、慎重にしたいものだ。分からないことは語らず、「分からない」と答えるのは勇気がいる。 (神)

05/1/21

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 低所得層の所得が向上=将来楽観、不満減る=600万人が中流入り実感=富裕層も高金利で潤う2006年7月11日 低所得層の所得が向上=将来楽観、不満減る=600万人が中流入り実感=富裕層も高金利で潤う 2006年7月11日(火) […]
  • 2003年4月1日 援協総会すんなり=新予算9千114万レを承認=あす役員会で会長選任へ 4月1日(火)  サンパウロ日伯援護協会(和井武一会長)は二十九日午後二時からサンパウロ市リベルダーデ区の文協展示室で「第四十四回定期総会」を開き、〇二年度の事業報告、会計報告、〇三年度の事業計画案、予算案を審議した。いずれの議題に対しても異議は出されず、すんなり可決 […]
  • コラム オーリャ!2008年2月5日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年2月5日付け  農協婦人部連合会の役員が定期総会で改選された。いつものことながら、特色がある。前の会長が副会長に留まるのだ。他団体ではほとんどみられない。人事にこだわらない、というか、組織が柔軟なせいだろう。 […]
  • 2013年5月9日 ■ひとマチ点描■四世歌手が日本で挑戦 ニッケイ新聞 2013年5月9日  アマチュア歌手日本一を決める大会「日本アマチュア歌謡祭」のグランプリ大会に出場するため、佐野明さん(26、四世)=パラナ州マリンガ市=が20日、応援団21人を引き連れて訪日する。 […]
  • コラム 樹海2011年2月9日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年2月9日付け  藤山節雄さんが5日に亡くなった。歌手の井上祐見が98年から続ける南米公演で歌うあの「Sou […]