ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 NHKの番組「海外安全情報」を視聴していると、日本を除き世界中、安全なところはないようである。全くそのとおりかも知れない。情報の提供は外務省である。地域別にどのように危険であるか、どう対処したらよいか、まるで幼稚園児に噛んでふくめるような教えぶりだ▼欧米人がかたまっている場所には近寄るな、親しそうに近づいて来る者は警戒しろ、安易について行くな、飲食物を奢られるな、サッカー・クラブのカミーザ着用の際十分留意しろ、などなど▼世界中が、そのように怖いにもかかわらず、日本人の海外渡航熱は依然として高い。これが、日本人がより国際人になる一つのステップだとすれば、同慶の至りだ▼外務省の情報は、けっして大袈裟(おおげさ)なものではあるまい。被害の事例がもとになっているからである。外務省としては、外国に出た日本人が「命の危険」にさらされないよう、警告している。実際、世界中が危険な状態であることは、事件の発生が伝えられるたびに、事件現場から遠隔の地にいても、ぴんと感じられる▼それにしても、「してはいけない」という禁止だらけ?の外国は、日本人にとってなんと不自由なことか、とは思う。そんな、危険いっぱいの国の一つに、わたしたちは移民してきて、暮らし、子孫を儲けている。子孫たちにとっては、掛け替えのない母国だ▼しかし、情報を発信している日本自体、近年は「あやしいではないか」の議論もある。どこに住んだらいいのか。(神)

06/01/27

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月27日 東西南北  思わぬ形でコロナワクチンのキャンペーン・ソングが生まれ、話題を呼んでいる。ファンキ歌手MCフィオッチの歌う「ブン・ブン・タン・タン」だ。この曲は2017年にヒットした曲だが、サビで繰り返される「ブータンタン」というフレーズが、コロナバックの治験に協力し、国内生産を担当するサン […]
  • 東西南北2021年1月23日 東西南北  今度の月曜日、25日はサンパウロ市の誕生日で、祝日となる。例年なら、この日には市が運営する大掛かりなコンサートなどが行われるはずだが、467回目の聖市誕生日となる今年はコロナ禍につき、人が集まるイベントは行わず、ヴァーチャルな形でのイベントが開催される。一例は、カーザ・ダス・ […]
  • 東西南北2021年1月22日 東西南北  21日、インド中部の都市プネーにあるセーラム研究所の工場で火災が発生した。この工場は、イギリスのオックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発している新型コロナの「オックスフォード・ワクチン」製造工場として知られている。現在は同ワクチンのブラジルへの輸出が遅れており、ブラジルの […]
  • 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武2021年1月21日 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武 【※1月16日に開催されたパネルディスカッション「ブラジルにおける日本語教育の意義と未来」の基調講演を許可を得て転載】 困難なコロナ禍で、オンライン授業が急進展  本日は、ブラジル日本語センター創立35周年を記念してのパネルディスカッションに、多くの日本語教育関 […]
  • 東西南北2021年1月20日 東西南北  パンデミックの間に一躍知名度を上げた食べ物の配達などの携帯アプリは、今や生活に欠かせない存在になりつつある。だが、それに欠かせないモトボーイ(配達員)を狙う電撃強盗が増加している。市警強盗防止班によると、2019年1月と2020年9月を比べると、モトボーイを狙った犯罪は27% […]