ホーム | 日系社会ニュース | 大阪から行政視察 松田力市議会副議長=日系議員らとも懇談=サンパウロ市

大阪から行政視察 松田力市議会副議長=日系議員らとも懇談=サンパウロ市

1月27日(木)

 サンパウロ市の都市行政などを視察中の松田力市議会副議長はブラジル滞在最終日となる二十六日午前、サンパウロ市議会にロベルト・トリプリ市議会副議長を訪問し、姉妹都市関係の強化などをテーマに話し合った。
 二十四日にはサンパウロ市役所で住宅局長らからサンパウロ市内の住宅事情やファヴェーラ対策などについて説明を受けた松田副議長と武井幸雄建設部長。ロベルト市議会副議長や野村アウレリオ、ウイリアム・ウー両市議らも同席する中、三十五周年を迎えたサンパウロと大阪の姉妹都市関係などについて理解を深めた。ロベルト副議長は「サンパウロ市議会には四人も日系議員がいるので、今後ももっと日本との関係を深めたい」などと強調した。
 また、二十四日夜に行われたサンパウロ大阪姉妹都市委員会(高木ラウル委員長)主催の歓迎会には野村ジオゴ元連邦下議や神谷牛太郎市議、池崎博文リベルダーデ文化福祉協会長ら日系政財界の重鎮も出席。大阪府出身の丸山次郎聖総領事館首席領事も顔を並べた。
 冒頭、野村元下議が「ブラジル式の乾杯で」と音頭を取り、松田副議長の来伯を歓迎。また、大阪府がブラジル総領事館の誘致に名乗りをあげていることについて野村元下議は、「単にデカセギが多いことが浜松有利に傾くわけではない。大阪には都市の格がある」などと日本第二の都市に総領事館を置くメリットを語った。
 約二時間に渡って、様々な話題で盛り上がった後、松田副議長は「同じ日本の血を引く日系の皆さんとアミーゴになれてよかった。帰国後はすぐに関市長に総領事館誘致に力を入れるよう進言したい」と感激気味に語ると大きな拍手が沸き起こった。
 ブラジル式での乾杯とは対照的に締めの音頭は武井建設部長が「大阪締め」を披露。大阪独特の手拍子を一同に紹介し、和気あいあいとした雰囲気で歓迎会を終えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大阪・聖姉妹都市協会=親善大使 嶋村知恵さんが来伯=ポ語スピコンの優勝者2015年9月2日 大阪・聖姉妹都市協会=親善大使 嶋村知恵さんが来伯=ポ語スピコンの優勝者  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に主催した「第5回ポルトガル語スピーチコンテスト」の優勝者・嶋村知恵さん(33、静岡)が、親善大使として先月25日に来伯した。9月8日までの約2週間、語学研鑽も兼ね病院訪問や観光を行なう。 地元は在日ブラジル人の多い静岡県浜松 […]
  • 一斉に読経する僧侶ら2015年6月19日 先亡者に思い馳せ107周年=教会や慰霊碑前で式典=「50年前から毎年ミサに」  笠戸丸の着伯から107年が経過した18日、例年通り「日本移民の日」を記念した各種慰霊式典が開催された。サンパウロ市では午前中、ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で「先駆者慰霊ミサ」、イビラプエラ公園内先没者慰霊碑前で「追悼法要」が執り行われた。午後からは文協の大講堂 […]
  • 市役所や姉妹都市協会を表敬訪問した奥泉さん(左から3人目)2015年5月29日 大阪・サンパウロ市姉妹都市=親善大使 奥泉さんが帰国=「変えがたい経験得た」  昨年45周年を迎えた大阪・サンパウロ姉妹都市提携記念事業の一環とし、親善大使として3月9日から2週間訪日した奥泉みどりさん(19、三世)が報告のため来社した。 生まれはサンパウロ市だが、4歳から小学校5年まで愛知県豊川市で過ごしたデカセギ子弟。昨年の日本語センター主催スピ […]
  • 奥泉みどりさん2015年3月3日 大阪・聖姉妹都市交流=出稼ぎ子弟が親善大使に=奥泉さんが出発報告  昨年で姉妹都市提携45周年を迎えた大阪・サンパウロ姉妹都市交流事業により、奥泉みどりさん(18、三世)が親善大使として8日から15日間、日本を訪れる。 親善大使の派遣は5年に一度だったが、3年前から毎年実施されている。 奥泉さんは4歳でデカセギのため両親と共に訪日し、小学 […]
  • 福嶌教輝総領事と話す久保山さん(右)2014年9月27日 ■ひとマチ点描■大阪・サンパウロ市の親善大使=久保山潤さん(19、神奈川)  大阪市で1月に行われた大阪・サンパウロ姉妹都市協会主催の「第4回スピーチコンテスト」で最優秀賞を受賞、親善大使として先月21日に当地を訪れた。「日伯両国のためになる人間になりたい」と語る。 デカセギ子弟を取り巻く環境に問題意識を持ち、昨年浜松市で「日伯高校生未 […]