ホーム | 日系社会ニュース | 援協を支援した歌謡祭=NAK主体に、浄財1万3千レ余

援協を支援した歌謡祭=NAK主体に、浄財1万3千レ余

1月17日(土)

 第一回サンパウロ日伯援護協会支援歌謡祭(実行委員長=北川彰久日伯音楽協会会長)が、昨年暮れの十二月二十七日、二十八日、静岡県人会会館で行われ、百近い歌謡愛好会、歌謡教室、日系団体が協力、七百五十人余が出場した。二日目の閉会式で、北川委員長が歌を通じて福祉に協力できたことへの慶びと感謝を述べて会計報告、志田若代副委員長(ブラジルNAK副会長)から、一万三千六百十四レアル九十五センターボの剰余金(純益)が酒井清援協副会長に贈呈された。
 今回は、主にカンポスの桜ホーム、サントスの厚生ホームの運営資金獲得に役立てば、ということで、開催された。多数の飛び入りもあり、菊地義治援協副会長、管野鉄夫サンジョゼ・ドス・カンポス文協連合会長、辻雄三さくらホーム経営委員長らが飛び入り、菊地さんが優勝するなど、会場を湧かせた。
 初日の開会式では和井援協会長が「若い人たちの日系社会離れ、連帯意識の薄まりなどがいわれているが、この歌謡祭は多数が協力、お互いが助け合うという日本人の良き精神が脈々と生き続けていることが感じられ、非常に心強い思いだ。われわれも明日の日系社会のために、福祉と医療の充実に協力し、有形無形の誇れる財産を残したい」と援協運営にかける決意を披瀝した。
 当日の審査委員は羽田宗義さんらNAK関係者。岩野昭夫さん(EST―1勝者)らにNAKの表彰状とトロフィが贈られた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■管野鉄夫さん2017年6月15日 ■訃報■管野鉄夫さん  サンパウロ日伯援護協会評議委員会で第一副会長を務めていた管野鉄夫さんが、12日午後、膵臓癌のためサンパウロ市内の病院で亡くなった。享年88。  1929年1月14日、福島県伊達市生まれ。58年にサントス丸で渡伯し、サン・ジョゼ・ドス・カンポス市内で米作や馬鈴薯栽培などに従事 […]
  • ■訃報■遠藤浩氏2013年3月26日 ■訃報■遠藤浩氏 ニッケイ新聞 2013年3月26日  昨年までサンパウロ日伯援護協会傘下のサントス厚生ホームの経営委員長だった遠藤浩さんが24日未明、入院先のサンジョゼ・ドス・カンポスの病院で、心臓発作のため亡くなった。79歳だった。 […]
  • 群馬県人会=「折り紙で手を動かして」=婦人部が援協施設に寄付2011年11月22日 群馬県人会=「折り紙で手を動かして」=婦人部が援協施設に寄付 ニッケイ新聞 2011年11月22日付け  群馬県人会婦人部(阿部マルガリータ部長)は9日、サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)傘下の施設に米25キロ、日本製の色紙20セットと300レアルを寄付した。同県人会の予算で購入された。 […]
  • ■今週末の催し2009年12月3日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年12月3日付け 土曜日 5日  第41回東洋祭り、5~6日午後2時20分、リベルダーデ広場、6日は正午から     □ […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]