ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 ブラジルでも政府が力を入れれば、ゴミ一つない整然とした観光地ができあがる、という見本を見た。十八世紀の昔からサントスとサンパウロをつなぐ物資流通の動脈だった「カミニョ・ド・マール」。道は海岸山脈を切り開いてつくられた。麓のクバトンから登り切った地点までは高さおよそ七百メートル。
 サンパウロ州政府が観光道路として整備しているのは九キロ。一般の車を通さないのでブラッコはない。枯れた枝、葉、散った花以外は歩道に落ちていない。ブラジルの、絶滅が危惧されている大小動物の八〇%がここに生息しているとか。
 監督が厳しい。観光・見学を州当局に申請すると、人数を制限し、許可がおりる。監督・ガイドも付く。見学者は一人、三レアルのガイド料を支払う。これほどやって、自然環境保護ができるのだろうと納得する。 (神)

05/1/29

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]