ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  サンバと狂熱の踊りが終わった。俗言では―9月から10月になると産婦人科が大繁盛するの話だが、それもこれも溢れる情熱の落とし子とでも申すべきか。そんな予防にと政府は多彩なキャンペーンを張りお二人に気のきいた贈り物をするのだが、効果のほどは中々に難しい。エイズを防ごうの心積もりも込められているのだけれども、敵も然る者でこれまた侮りがたい▼南アフリカのマンデラ前大統領の息子がエイズで死亡したのは昨年の暮れ。独立を叫び刑務所に送られた南アの英雄・マンデラ氏は「恥ずかしいが、息子の死を語らないと国民はこの悲しみをわかってくれない」と訴える。南アは世界でも有名な「エイズ大国」であり、何の罪もない可愛い赤ちゃんまでが命を奪われている。これより悲惨な国がアフリカの最貧国・マラウイである。1時間に10人がエイズで死に追いやられるのだからにまさに悲劇だ▼この国の人口は約1100万人。うち100万人がHIVに感染しており、この状態が続けば「国が滅びる」。この地域はエイズが蔓延し予防対策を推進してはいるのだが、見るべき効果はあがっていない。安全国の日本でも感染者と患者は増えている。昨年はHIVが初めて1000人を突破し国民は驚いた▼85年に患者第一号が発見されてから昨年末で9784人が感染・患者になっている事実に目を向けたい。しかも、新規感染者(男669人、女79人)のうち、男447人が同性間の性接触により感染しているのはもっと注目されていい。    (遯)

05/2/10

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も2021年5月29日 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も  サンバ界の巨匠、作曲家や歌手として知られるネルソン・サルジェントが27日、リオ市でコロナ感染症のため亡くなった。96歳だった。27、28日付現地紙、サイトが報じている。  ネルソンは1924年、リオ市で生まれた。本名はネルソン・マトスだが、4年間、軍に服役したことか […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 日伯アーティストが楽曲コラボ=アマゾンの豊かな自然へ感謝!2021年5月4日 日伯アーティストが楽曲コラボ=アマゾンの豊かな自然へ感謝!  「風や水も、アマゾンから来たかもしれない。そんなことを考えるきっかけになればと思います」――ブラジルのサンバ・ファンク歌手ガブリエル・モウラ氏とのコラボ楽曲「Obrigado, […]
  • 長崎総会=カーニバルの原爆山車振り返る=活動休止、今年もコロナ次第2021年3月26日 長崎総会=カーニバルの原爆山車振り返る=活動休止、今年もコロナ次第  ブラジル長崎県人会(森繁親会長)は2月21日午後、「定期総会」をオンライン会議システム「グーグルミーティング」上で、日本語とポ語両方で開催した。  同県人会メンバー22人が参加。中には聖州プロミソン市に住む前田ファビオさんなども参加した。  総会は長崎県民歌「南の […]
  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]