ホーム | 連載 | 2005年 | たくさんの出会いに恵まれて―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊― | たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(12)=フランカの市長歓迎挨拶=「文化を融合させよう」

たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(12)=フランカの市長歓迎挨拶=「文化を融合させよう」

5月6日(金)

 丸々と実った緑色のカフェの実が、たわわに枝になっている。所々、すでに真っ赤に熟し始めている。「あんまり値が良くなっても困るんですよね。他の人が植え始めるから」と農場主の近藤満州美さんはいう。
 ふるさと巡り六日目、四月六日午前、サンパウロ州北部フランカ市近郊のクリスタイス・パウリスタ市にある、近藤さんのカフェ農場を一行は見学した。約二百五十ヘクタールに五十万本が植えられている。年間四千俵(六十キロ)を収穫する。
 若い木は、メイヨ・アデンサードというやり方で、三列ずつ狭い間隔で植えられている。三年ぐらい収穫したら、真ん中の列を引っこ抜き、機械で収穫できるようにする方式だ。単位面積当たりの収穫量が多くなる。
 また、プランチオ・ジレショナードという太陽光線の方向に畝を作り、万遍なく奥まで光が当たるようになっている。この辺の実際の経営はすでに、ミナス州のラブラス連邦大学を卒業した農業技師、四男のマウリシオ・マコトさんに任されているという。
  ◎    ◎
 カーン、カーン――。厳かに鐘が鳴った。
 「よく日本民族の誇りと誠実さを持って、今日の日伯親善の礎(いしずえ)を築いて下さった先人の遺徳に祈りましょう」
 リベイロン・プレットのサンパウロ州東北南米本願寺から駆けつけた沢中只夫師が、仏説阿弥陀経を読経するなか、ふるさと巡り一行は静かに焼香の列についた。四月六日午後七時過ぎ、フランカ市内のホテルへ戻った一行は、慰霊法要を行っていた。
 沢中師は「このモジアナ地方は九十七年の日本移民の歴史を持つ日本移民のふるさとです。どうか、これからもふるさと巡りを続け、開拓物故者を偲んでいただきたい。その都度、先人のおかげ、今日の私どもがつつがなく過ごせることを思い起こしてほしい」との法話を行った。
 午後八時過ぎ、フランカ地域日伯協会の招きでシジネイ・フランコ・ダ・ロッシャ市長が顔を出した。
 「一行を迎えることができ大変光栄だ。日本人の貢献は大きい。この町は靴職人の町であり、日本人のように良く働く気質こそ求められている。我々の文化を融合させ、世界へ向けたブラジル靴の窓口になりましょう」と語った。
 同市の紹介ビデオも上映された。〃靴の都〃フランカには三万人の靴職人がおり、その多くは一千社もある靴関連工場や、家庭内で靴の下請けをしているという。靴職人一人当たりの平均収入は月三百八十レアルと低いが、三十一万人もの都市にも関らずファベーラがなく、一〇〇%の下水が処理されていることなど、生活水準の高さが維持されている点を強調した。
 「二〇〇八年に移民百周年を記念した大きな祭典が、ここフランカでも開かれることを期待しています」との言葉を贈った。
 フランカ地域日伯協会の工藤シゲオ会長は「我々の団体はまだよちよち歩きだが、みなさんを受け入れられて本当に嬉しい」と謝辞を述べた。同協会は元々カフェ生産者組合として十二年前に十五人で設立された。現在は誰でも入会できる開かれた組織になり、会員は三十家族に増えた。
 一行の団長を務める南雲良治・新潟県人会会長は「地元市長まで来て頂きこちらこそ感謝します。ここでも慰霊祭ができ有難うごさいます」と語った。
(つづく、深沢正雪記者)

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(1)=ボイアフリアのように=三角ミナスアラグアリ=農場“専用車”を体験

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(2)=労働訴訟嫌って機械化=大農場、後継いない悩み

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(3)=日本移民の歴史展示を=100年祭にウベルランジア日系協会めざす

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(4)=バス車内は演歌の日本=ガラス1枚隔て暑いゴイアス

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(5)=盆踊りに昨年4千800人=ゴイアス日伯協会=踊り手の70%非日系

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(6)=ブラジル中央部最大の家電チェーン店 藤岡家、謙虚に〃根〃張った

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(7)=知日の砂絵画家を訪問=旧ゴイアス市=200年変わらぬ町並み

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(8)=急膨張した温泉町で=カウダス・ノーヴァス=デカセギが不動産業で成功

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(9)=「僕には信用しかない」=平松さん無借金、続々アパート建設

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(10)=ピンガつくる誇りを〃聴講〃=温泉町に創業40年余の老舗

■たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(11)=戦前からの記録=フランカの精神病院に=日本人数10人入院していた

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • 民衆の声を現すのはデモか支持率か2014年8月23日 民衆の声を現すのはデモか支持率か  本格的な選挙キャンペーンが始まり、普段テレビを観る時間帯は常に政見放送が流れるようになった。観ていて面白いものではないが、国際指名手配されているはずのマルフ元サンパウロ市長も堂々と登場するのには驚く。いつまでも平然と政界に居座っている彼自身の神経の図太さはもちろん、それを […]
  • 人材をつぶす日本の教育界2014年8月21日 人材をつぶす日本の教育界  南麻州カンポ・グランデであった沖縄移民百周年記念行事で、数年前に本紙で働いていた元研修記者に出会った。今は日本の高校で歴史を教えている。ウチナーンチュの熱い集いを見ながら、「いやー、すごいですね!」と目じりにしわを寄せて笑う。わざわざ夏休みを利用して訪れ、この歴史的行事に […]