ホーム | 日系社会ニュース | 野球普及にT―ボール=初めて祭り=子供の日、年少者が対象=サンパウロ州球連300人集める

野球普及にT―ボール=初めて祭り=子供の日、年少者が対象=サンパウロ州球連300人集める

5月12日(木)

 第一回T―ball(T―ボール)祭が、七日午前八時半から、ミエ・ニシ球場(ボンレチーロ球場)で開催された。主催はサンパウロ市(ジョゼ・セーラ市長)、サンパウロ野球ソフトボール連盟(オリビオ・沢里栄志会長)。五月五日の「子供の日」にちなんで、開催された祭り。四歳から十歳の子どもたち約三百人が集まり、球場の中心には鯉のぼりが上げられた。
 男子十七チーム、女子はソフトボールの三チームが参加。各チーム二試合ずつ試合をした。
 T―ballは、ピッチャー、キャッチャーがおらず、Suporte de bolaと呼ばれる台の上にボールを置き、バッターが打つというルール。対象年齢は四歳から八歳、女子は十歳としている。
 ブラジルでSuporte de bolaを使用するのはこの日が初めて。米国などの他国では使用しているが、ブラジル野球連盟では認められておらず、コーチがボールを投げて打つ練習をしていた。
 しかし、それでは「良いバッティングの癖がつかない」という関係者の声が多く、今回試験利用することに。「これでバッティングの基礎がしっかりして、いい選手を輩出することにも繋がれば」と沢里さんは話す。
 また、野球を普及させることを目的に、市立・公立小学校二校、ファベーラなどのサッカーチームから低所得層の子どもたち約百人を招き、野球教室を開講。初めて野球をする子どもが多く、興味津々の様子だった。
 かつては「ブラジルの甲子園」と呼ばれた同球場。最近は大会が少なくなり、利用者が減っていた。しかし、移民百周年に向けて球状の存在をアピールするためにも今祭を企画。
 沢里会長は「今日を機会に子どもたちに野球を好きになってもらい、野球人口を増やしたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 2008年2月9日 祝・トヨタ・ド・ブラジル50周年 ニッケイ新聞 2008年2月9日付け トヨタ・ド・ブラジル=ブラジル進出半世紀を祝う=ルーラ大統領「さらなる経済交流を」=豊田章一郎名誉会長、4人の元社長らも列席  「更なる将来の発展を」―――。ブラジル進出50周年を迎えたトヨタ・ド・ブラジル(長谷部省三社長)の記念セ […]
  • 全長7.5キロの公園造成=官民合同、8月に完成予定=サンパウロ市2007年5月5日 全長7.5キロの公園造成=官民合同、8月に完成予定=サンパウロ市 2007年5月5日付け […]
  • 東西南北2020年12月3日 東西南北  大半が10代だった若者9人が犠牲になった、サンパウロ市西部にある巨大ファベーラ、パライゾーポリスでのファンキ・パーティ圧死事件から、1日でちょうど1年が経過した。狭い会場に逃げ込んだ麻薬密売者を追いつめようと、軍警が無理な追跡を行った結果、逃げ惑ったパーティ参加者らが貧民街の […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]