ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

6月1日(水)

 ルーラ大統領の訪日は、大騒ぎする程の成果がなかったようだ。総額六一億ドルの成約というが、大半は約束程度。大統領の主催した焼肉パーティも、ブラジル産牛肉の輸入許可には効果がなかった。日本政府は、ブラジルが八〇年代のモラトリアム宣言を行った状態にあると思っているらしい。グシケン広報長官の欠席も響いたという。
     ◎
 農産物価格の三・四二%下落により、四月に〇・八六%だったIGP―M(総合市場物価指数)が、五月にはマイナス〇・二二%へと予想以上に低下し、デフレ現象が起きている。農産物価格の下落は六年ぶりという。これまで南部の干ばつで卸価格を潜在的に引き上げてきたインフレ圧力が、終焉したという見方もある。その他コモディテイも、軒並み弱気含みにある。
     ◎
 ブラジルサッカー連合(CBF)は三十日、ロナウド選手を〇六年W杯南米予選パラグアイ、アルゼンチン戦に出場させないことを決定。同選手は休暇をめぐり、パレイラ・ブラジル代表監督と対立していた。
     ◎
 ブラジル陸軍は二十八日と二十九日にパラグアイ、ボリビア国境付近で四千五百人を出動させて麻薬摘発作戦を展開、十トンに上る麻薬を押収、数人を拘束した。
     ◎
 二十九日にサンパウロ市で実施された第九回ゲイパレードで、参加者のほぼ半数(四六%)が異性愛者だったことが、ダッタフォーリャの調査で判明した。同性愛者は四二%、両性愛者は一一%、性転換者は一%で、男女別では男性は同性愛者が五四%と半数を超えたが、女性は二五%と六六%が異性愛者だった。異性愛者の多くが小さな子供を連れた家族連れで、異性愛者の参加が多かったのは、性の多様性を社会が広く受け入れるようになった証しとパレード主催者は評価。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • サッカーW杯南米予選=3カ国の出場とペルーPO進出決定=首位ブラジルはチリの夢粉砕2017年10月12日 サッカーW杯南米予選=3カ国の出場とペルーPO進出決定=首位ブラジルはチリの夢粉砕  10日、南米各地でサッカーW杯南米予選最終戦(第18節)5試合が行われ、ウルグアイ、アルゼンチン、コロンビアのW杯出場と、ペルーのプレーオフ進出が決定した。既にW杯への進出を決めていたブラジル代表はチリの出場を阻んだ。11日付ブラジル国内紙が報じている。  2位から […]
  • 東西南北2017年10月5日 東西南北  大統領選の世論調査で依然として高い人気を誇りながらも沈黙を守っているマリーナ・シウヴァ氏は3日、フォーリャ紙主宰のフォーラムに参加。そこで同氏は、専門の環境問題に関し、「政治混乱に乗じ、議会で保守的な勢力が強くなったために、環境問題が犠牲となっている」と批判。ラヴァ・ジャット […]
  • コパ・アメリカのグループ分発表=セレソンのグループは?2014年11月26日 コパ・アメリカのグループ分発表=セレソンのグループは?  24日夜、来年5月にチリで開催されるサッカーのコパ・アメリカでの最初の関門となる、グループ・ステージのグループ分けが発表された。 コパ・アメリカは南米の(ガイアナとスリナムを除いた)主要10カ国に、招待国二つを加えた12カ国で戦われる。来年の場合、招待国はメキシコとジャマ […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]