ホーム | 日系社会ニュース | 聖州副知事日文連入会を快諾=コンデ街で生活した経験

聖州副知事日文連入会を快諾=コンデ街で生活した経験

6月14日(火)

 クラウジオ・レンボ聖州副知事がこのたび日伯文化連盟の一般会員になったことが分かった。
 イタリア系の副知事はむかし、当時〃日本人移民街〃といわれたリベルダーデ区コンデ・デ・サルゼーダス街で生活。「日系人には特別の親近感を覚えている」(同連盟筋)ため、入会を快諾したという。
 同連盟の評議委員長で弁護士の巽ジョー氏が仲介した。十四日夜には記念夕食会が聖市内のレストランで開かれ、関係者ら約四十人が集まった。

image_print

こちらの記事もどうぞ