ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 日本は今や焼酎ブームだそうだ。麦や蕎麦に始まって薩摩芋もあれば熊本の米焼酎人気も高い。沖縄の泡盛は、甘薯で醸造するものとばかり思っていたけれども、あれはタイの米を発酵させるものだという。3年以上も貯蔵した古酒を沖縄では「クース」と呼び高級酒として珍重され盃を重ねるにつれ蛇皮線と踊りの登場となる▼熟年組としては焼酎との縁はあまり深くない。その昔―。探検と称し浅草の山谷を彷徨し酎ハイというのを飲んだがコップ一杯が15円だったと覚えている。戦後には「粕取り焼酎」というのが流行したが、とても日本酒には及ばない。それが酎ハイや湯割りと愛好家は広がる。知人の薩摩健児から焼酎に燗をつけるものだと急須を平べったくしたような土瓶を頂戴したが、これが使い安くてもう手放せない▼蒸留酒の起源もあまりはっきりしない。元々は5世紀にアラブで開発され13、14世紀になるとアジアに製法が伝わる。その後15世紀頃になってから東南アジアと交易が盛んだった琉球王国にシャム国(現在のタイ)から伝来したとされる。だから泡盛は「元祖・焼酎」なのである。ここから薩摩や宮崎などに技術が伝えられたと見たい▼鹿児島の焼酎は薩摩芋で造るが、これにも歴史がある。漁師・前田利右衛門が1705年に沖縄から種芋を持ち帰り痩せ地に植えたところ大豊作となる。これが農民を飢えから救い栽培が広がり利右衛門をまつる徳光神社は今も尊敬されている。あの種芋から300年―。焼酎が日本列島を支配するのも、なにやら因縁めくではないか。  (遯)

05/6/14

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2003年12月5日 コラム オーリャ!  サンパウロ市南西部のファベーラ、モンチ・アズールを訪ねた。すり鉢状の地形に、五千人がひしめき合うように暮らす。  サンパウロ市の援助とともに、シュタイナー思想を元にしたNGOが活動している。ファベーラを改善したモデルケースと言えるだろう。 […]
  • テメル=強化させたい中国との関係=G20で経済再建約束=2690億レ投資を期待=貿易関係の強化も促進か2016年9月6日 テメル=強化させたい中国との関係=G20で経済再建約束=2690億レ投資を期待=貿易関係の強化も促進か  ミシェル・テメル副大統領は4日、5日の両日、中国の杭州で行われたG20の会議に出席し、ブラジルの再建を誓った。今回の中国訪問で連邦政府は中国側に、2019年までに2690億ドルの投資を願い出て、提案も行っている。3~5日付伯字紙が報じている。  テメル大統領はG20 […]
  • さよならペペ2015年3月6日 さよならペペ  お隣りウルグアイのホセ・ムヒカ大統領(79)が3月1日に任期満了し、65%もの支持率を保ったまま退任した。大統領公邸に住まず、首都モンテビデオ郊外の質素な自宅から1987年製の青いフスカで仕事に通った▼貧乏な家庭に生まれ、60年代に都市ゲリラ組織に入り治安当局と対決。数々 […]
  • 東西南北2015年3月24日 東西南北  季節は秋に入り、気温も急激に冷え込む今日この頃だが、先週末は寒冷前線の到来に伴う降雨があり、カンタレイラ水系の23日午前9時現在の降水量は189・9ミリと月間平均(178ミリ)を超え、水位も17・1%になった。アウト・チエテやグアラピランガでも降水量が月間平均を超え、水位 […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第16回2013年2月19日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第16回 ニッケイ新聞 2013年2月19日 […]