ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 非日系の市長と弁護士が日本移民の功績を称え、慰霊碑建立へ尽力している。十六日付け本紙七面で紹介したマットン市の動きである。
 三年後に控えた日本移民百周年へのオメナージェンだそうだ。
 十五日付けエスタード紙では、政治、経済、教育など、分野別に日本移民特集記事が組まれ、上原幸啓文協会長や渡部和夫氏、大竹ファミリーなどが、紙面を飾った。
 ルーラ大統領訪日の際では、政府間レベルでの取り決めがなされたが、問題のコロニアはどうなのか。
 「選挙でまだ疲れてるんじゃないの」とある文協幹部。選挙後、約二ヵ月が経とうとしているが、動きはほぼないと言っていい。
 形骸化といってもいいこの状況のなか、あちこちで不平、不満の声が聞こえているが、届くべき方たちの耳は、お年のせいか少々遠いらしい。        (剛)

05/6/17

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 元大臣竹中氏が安倍政権評価=経済好転や改革の機運語る2016年11月26日 元大臣竹中氏が安倍政権評価=経済好転や改革の機運語る  サンパウロ大学で16日、2016年日ブラジル際シンポジウムが開催され、小泉内閣下で総務大臣などを歴任した竹中平蔵氏(慶応大学名誉教授)が講演した。ブラジル日本研究者協会(SBPN、仁井山進会長)が招聘し、『日本経済とアベノミクス』をテーマに語った。 […]
  • S&P格付け降格の影響は2015年9月11日 S&P格付け降格の影響は  緊縮財政が進まない政治的混迷ぶりから、米国格付け会社S&Pは財政バランス回復に時間がかかるという懸念を強め、通常ありえない赤字予算提出を引き金に、ついにブラジルを投資適格外に降格させた▼今後は更なるレアル安、外国投資引き上げ、国債金利上昇などの悪連鎖による景気後退を予測する筋 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • コラム 樹海2011年4月1日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年4月1日付け […]
  • 「こりゃ国会より難しい!」=河村衆議が県人会で〝答弁〟=日伯政界の裏話を披露2011年1月5日 「こりゃ国会より難しい!」=河村衆議が県人会で〝答弁〟=日伯政界の裏話を披露 ニッケイ新聞 2011年1月5日付け […]