ホーム | 日系社会ニュース | 「日本語まんがアニメ大会」=日本語センター新企画」

「日本語まんがアニメ大会」=日本語センター新企画」

6月22日(水)

 漫画やアニメブームを日本語学習の動機付けに──。ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は今年、「日本語まんがアニメ大会」を企画。集まった作品を日本語祭り(十月)の会場で展示する。優劣はつけないが、同祭りの招待客に気に入った作品にシールを貼ってもらい、賞品も用意する。
 竹下佳代子理事によると、アニメに興味を持って、日本語の世界に入ってくる人は少なくない。ポルトガル語版を読んでいる子供が目立つ。学習意欲を刺激しようと、同大会を思いついた。
 企画案が昨年に持ち込まれ、今年に入って具体化した。旧日本語普及センター(現ブラジル日本語センター)創立二十周年記念事業の一環に組み込まれた。既に、同センター傘下の各地区に通知済み。
 同理事は「そんなに好きなら、書かせてみたらどうだろうということで話が進んだ。日本語を楽しく勉強してもらうのが目的」と狙いを語る。参加者全員に、記念品が出る予定だ。
 テーマは自由で、日本語のセリフやメッセージが入っていることが条件。A4版一枚に、書いて送ってもらう。指導マニュアルも、教師に送付する。
 日本語祭りには千人以上が来場。多くの人の目に、触れることになる。竹下理事は「初めての企画なので、順位はつけない。イベントを盛り上げるために、競争は必要かもしれない。様子をみながら、最善の方法を考えていきたい」と、同大会の定着に向けて意欲をみせた。
 作品の募集締め切りは八月三十日まで。参加費は、会員・非会員問わず一人三レアル。問い合わせ電話番号=11・5579・6513。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」2018年8月8日 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」  サンパウロ市のリオブランコ大学は7月21日に「漫画―歴史、様式、社会的役割―」と題したセミナーを開催し、同学や市内の他大学の教授らが講演を行った。セミナーを後援した明治大学からは小林正美副学長が来伯。小林副学長に漫画の文化としての側面や、同セミナーの意義を取材した。 […]
  • 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市2016年11月22日 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)が6日、恒例の『春の古本市』を文協ビル展示室で開催した。ボランティアと委員会メンバー約45人が協力し、日本語の文学書や雑誌、漫画、辞書や専門書など約1万冊を2~10レという格安価格で販売した。  開場する午前9時前からすでに4、50人 […]
  • 新宿日本語学校の江副校長=日語教育用の新アプリ紹介2016年9月2日 新宿日本語学校の江副校長=日語教育用の新アプリ紹介  7月15~17日に行われた「第59回日本語教師研修会」で講師を務めた新宿日本語学校江副隆秀校長(65、東京)が7月19日、同学校のポ語担当ルイス・ロベルト・マルチネス先生(34)と共に来社し、自身が取り組んでいる日本語教育方を語った。  「これ、見てくださいよ」と身を乗 […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、サンパウロ市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 サンパウロ市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポ […]
  • 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」2016年1月30日 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」  「かるたは日本語学習にも有効です!」。先日の講習会に来伯した専門家がそうアピールした。「百人一首は、ひらがなさえ読めれば誰でもできるから」というのが理由らしい。 とは言っても和歌は古文。内容を理解するのは難しい。一見敷居が高そうだが、セミナーを取材して少し納得した。字面で文字 […]