ホーム | 日系社会ニュース | 記者の目=「UNEN必要なし」=コロニアの総意=文協が引き継げ

記者の目=「UNEN必要なし」=コロニアの総意=文協が引き継げ

6月23日(木)

 考える委員会設立へ―。総会に出席した役員は「せっかく作ったものを潰すのはもったいないしね」と総会後、記者に語った。
 現在、UNENの事務手続きを行う文協事務局によれば、全伯約三百の日系団体に招待状が送ったようだが、その呼びかけに応じた団体はゼロ。
 奇しくも前日、百周年記念イベントとして、約六百人が出席した豪華晩餐会が催されたが、あくまでも青木智栄子ブルーツリー社長の肝煎り。
 日系団体独自で設立されたUNENの総会が小講堂の壇上でもスペースが余りあるというのは、その実行力の差を歴然と見せつけられた感を禁じえない。
 そして、約三十の全伯日系団体代表者がサンパウロに来ていたにも関わらず、総会出席への呼びかけすら行っていないことは驚きに値する。
 そして、地方文協の参加を促すならば、せめて週末に設定すべきではないのか。この日程は先月十五日の役員に出席したわずか十人の執行部の都合、つまり地方団体との連携というUNENの理念に反した理由で決定されている。
 さきの文協選挙で上原会長の対抗馬となった谷広海、下本八郎両候補はUNEN撤廃を公約に挙げていた。その両候補の得票数を合わせれば、上原得票を遥かに上回る。
 これはある意味、「UNEN必要なし」とのコロニアの総意と見ていい。
 文協前執行部が残した、〃負の遺産〃は文協のお荷物となっているのは明白。「赤字を食い止めた」と経営好転を度々、口にする上原会長だが、会費しか収入源がなく、これから徴収の予定も、事業計画も議題に上らないほど形骸化が進んだUNENを担ぐ経済的余裕はないはずだ。
 それなら、文協が全伯日系の代表として、その理念を引き継げばいいのではないか。
 非建設的な理由でその解散を先延ばしにする理由はもうない。引導を渡すリーダーシップが今、求められている。   (剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中2020年10月1日 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中  新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早くも7カ月――。「沖縄県人の団体活動もコロナの影響で止まり、自粛生活続きです。このコロナ禍生活は『群星』(むりぶし)第6巻の発刊準備に専念しています」。ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長(82歳、沖縄県)はそ […]
  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄2020年10月1日 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄  今年、コロナウイルスによる未曾有の災禍の中、ブラジル日本移民112周年を無事、終えることができたことをうれしく思います。関連する行事を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。  ご承知のようにブラジル日本都道府県人会連合会(県連)は各県 […]
  • 《サンパウロ市》家屋販売が46・3%増加=4カ月連続増で史上最良2020年10月1日 《サンパウロ市》家屋販売が46・3%増加=4カ月連続増で史上最良  ブラジル資産調査社(Embrasp)によると、サンパウロ市では家屋販売が増えており、8月は前月比で46・3%、昨年同月比では35・0%増の6350軒が売れたと9月29日付現地紙サイトが報じた。  新規家屋の売り出し数は8039軒で、前月より207・5%増、昨年同月比 […]
  • 東西南北2020年10月1日 東西南北  ブラジルが誇る世界的な音楽フェスティバル、2021年版「ロック・イン・リオ」の日程が9月29日に発表された。1985年に大成功を収め、伝説になった同フェスは、2011年から隔年開催となり、その都度大きな話題を呼んできた。21年度版の開催予定日は9月24~26日、9月30~10 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(15)2020年10月1日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(15)  1934年から1940年にかけて、ブラジル中央日本人会(1937年)、日伯産業組合中央会、日伯農業協会などが、1935年には画家による聖美会、在ブラジル日本人同仁会(1929年連邦政府認可)の医師らによる日本病院建設計画も進められ、1940年には日本商業会議所が設立さ […]