ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 昨年十月に起きた南米開発青年隊協会のケンカ騒ぎや胸像拉致で、最も心を痛めたのは下元家ではなかったか。本来は青年隊内部のイザコザなのに、良くない形で家の名前が出てしまうとばっちりを受けた▼今回の除幕式の後にも、またこの問題を蒸し返そうとする人が来社した。「除幕式を強行したことが問題。現役員の体質を問題にしたい」と憤り、昨年十二月に下元家から青年隊に送られた文書を出した。そこには「いつまでも喧嘩騒動までされるようなら、あの胸像は溶かしてスカッタ(くず鉄)にして売り払い、僅かでしょうが其の金を文協にでも寄付してくれるようにお願いします」との強い気持ちまで書かれていた。当の家族の心労はいかほどか▼今回の式典には長男、次男はじめ十人もが出席し、事態を終わらせようとする家族の強い意志が感じられた。胸像設置うんぬんは本来、青年隊内部の問題であり、下元家と関係ない形で処理すべきだ。恩人である健吉氏のファミリアを巻き込み、その気持ちを踏みにじってはいけない▼むしろ、除幕式後の昼食会で話題になったのは〇七年の「健吉氏没後五十周年」だ。生誕百周年は九七年に過ぎてしまった。思えば健吉氏に関する文献も三十年ほど前に人文研が出して以来、まったくない。百年祭前夜祭として、関係団体が一致協力して取り組むのも前向きなことだ。コロニアにとって本当に大事なのは、胸像ではなく、顕彰されるべき恩人が忘れ去られないよう努力することではないか。 (深)

05/6/23

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=精神科医が偽造診断書作成=アウキミン知事の右腕的存在2016年12月14日 サンパウロ州=精神科医が偽造診断書作成=アウキミン知事の右腕的存在  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事による薬物撲滅キャンペーンの右腕的存在の精神科医が、入院を勧める鑑定書を偽造して強制入院させていたことが明るみとなり、警察の捜査対象となっている。13日付フォーリャ紙が報じている。  疑惑を持たれているのはロナウド・ラランジェイラ医師 […]
  • フェイラの屑を肥料に=サンパウロ市市役所のゴミ削減策2013年10月10日 フェイラの屑を肥料に=サンパウロ市市役所のゴミ削減策 ニッケイ新聞 2013年10月10日  サンパウロ市役所が、市内各地で開かれる青空市(フェイラ)で出る野菜や果物の屑を肥料にするというプロジェクトを推進している。 […]
  • 大耳小耳2007年2月9日 大耳小耳 2007年2月9日付け […]
  • 「人間関係の和築くために」=煎茶道の石本さん語る2005年1月27日 「人間関係の和築くために」=煎茶道の石本さん語る 1月27日(木)  【既報関連】煎茶道静風流(海野俊堂家元)・ブラジル灯楽会の石本光暁会主が、去る十三日から二月九日まで滞伯し、煎茶道の紹介・指導にあたっている。 […]
  • ネタの質にこだわった回転寿司=mawari2019年10月19日 ネタの質にこだわった回転寿司=mawari  日本で回転寿司は珍しくないが、ブラジルではごく稀。しかも日本のは「安い、早い」というイメージが先行しがちだが、この日本料理店「mawari」の寿司は質にこだわった本格派だ。  35年来の友人という北川ドウグラスさん(54、三世)と三宅アンジェロさん(53、二世)が経 […]