ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルの刑務所内での暴動に見る強者の論理

ブラジルの刑務所内での暴動に見る強者の論理

 年明け早々、ブラジルでは刑務所内での暴動が頻発し、100人以上の死者が出ている。しかも、死者の多くは斬首や焼殺など、目を背けたくなる扱いを受けている▼ブラジルでは、暴動の際、囚人同士の殺し合いや脱獄が起きる事は稀ではない。1~2日に起きたアマゾナス州での暴動では60人が殺され、225人が脱獄。同州では8日にも4人が殺されたし、ロライマ、リオ・グランデ・ド・ノルテ両州の刑務所でも大量殺戮が起きた。一連の報道では、サンパウロ州を拠点とする犯罪組織の州都第一コマンド(PCC)の名前が必ず出てくる

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 残るは「民主的でない人」ばかり?2019年5月24日 残るは「民主的でない人」ばかり?  今度の日曜の26日に、ボウソナロ大統領の支持者たちが、彼を改めて強く支持するためのデモを行なうという。仮想敵は、連邦議会で大統領の意見を通そうとしない、「古い政治家たち」なのだという▼だが、少しでも国内のニュースに目を通している人なら、現在のボウソナロ政権の政策が進捗 […]
  • 互いの思いを伝える事を大切に2019年5月23日 互いの思いを伝える事を大切に  ブラジルには、日本では見かけない祝日や記念日が多い(日本にもあるのに知らないだけかもしれないが)。ちなみに、5月22日は「抱擁の日」(Dia do […]
  • 蜜月期の終わったボウソナロに迫る罷免の危機?!2019年5月21日 蜜月期の終わったボウソナロに迫る罷免の危機?! 昨年10月に恋愛、1月に結婚、5月に新婚期終了  「ボウソナロと市場(メルカード)とのルア・デ・メウ(蜜月、新婚期)は終わった」―先週あちこちのメディアがそう書き立てた。連邦政府の教育予算削減に抗議するために、15日に全伯200以上の市で発生した久々の大型デモを受 […]
  • ボウソナロ家の新たな「奇遇」2019年5月17日 ボウソナロ家の新たな「奇遇」  まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事 […]