ホーム | 日系社会ニュース | 汎サ・アマーロ相撲=250人規模の大会に

汎サ・アマーロ相撲=250人規模の大会に

6月25日(土)

 汎サント・アマーロ連合文化協会(田代正美会長)は七月二、三日の二日間、同協会常設土俵(Rua vigario taques bittencourt 221)で第五十五回相撲大会を開催する。案内に籠原功副会長、里見セウス相撲部長が来社した。二日は午後一時からサント・アマーロ支部だけで大会を行う。三日は午前八時から、サンパウロ、サント・アンドレー、ノーバ・セントラル、聖北の四支部を招待して試合。この大会には約二百から二百五十人参加するという。籠原さんが「最近は競技者の八割がブラジル人」というように、日系人以外の関心も高い。「是非大会を観に来てください」と二人は呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ファベーラで火事=250世帯が焼け出される2004年9月1日 ファベーラで火事=250世帯が焼け出される 9月1日(水) […]
  • 250万信者もつ生長の家=立教記念祝賀式を6日に2005年3月1日 250万信者もつ生長の家=立教記念祝賀式を6日に 3月1日(火)  第七十六回生長の家立教記念日祝賀式が三月六日午前九時から、ブラジル伝道本部大講堂(Av. Armando de Arruda Pereira, 1266 Jabaquara)で開催される。 […]
  • JICA調査団、ロ市へ=高齢者支援の講演に250人2016年4月6日 JICA調査団、ロ市へ=高齢者支援の講演に250人  当地の日系高齢者支援に関し情報収集と現地調査のため、JICAを通じ来伯していた佐久総合病院の北澤彰浩診療部長ら専門家が先月20日、パラナ州ロンドリーナを訪れた。 翌日午前から同市職員を交え、高齢者に関わる行政の取り組みについて意見交換。昼食後には同地に派遣されている、JICA […]
  • 「会員の積極協力に感謝」=商議所忘年会に250人2015年12月19日 「会員の積極協力に感謝」=商議所忘年会に250人  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)は11日、聖市のブッフェ・コロニアルで恒例の忘年会を開催した。会員企業代表者のほか、梅田邦夫大使、中前博隆総領事らも出席し、総勢250人で1年の労をねぎらった。 挨拶に立った村田会頭は、「厳しい環境の中、積極的に協力してくれた会員の皆さま […]
  • 日本人学校で浪曲公演=春野さん250人の児童に2015年10月10日 日本人学校で浪曲公演=春野さん250人の児童に  本日10日午後2時に広島文化センターで、公演(入場無料)を行なう浪曲師・春野恵子さんが、到着翌日の8日午前、聖市の日本人学校で公演を行なった。小学1年生から中学3年生の生徒と父兄、約250人が浪曲の魅力に親しんだ。 「子ども好き」と話す春野さんは、馴染みのない児童らにも伝わり […]