ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

6月25日(土)

 援協の巡回診療班は、奥地だけでなく、サンパウロ市内でも実施される。いつも多額の寄付をしてくれる団体の所在地域などは、対象になりやすいようだ。一方で、実施しても受診者が少ない地方は、打ち切りとか規模縮小の可能性が生じる。診療班としては、効率よくやりたい。医師団が手持ち無沙汰になるようなところは行き甲斐がない。また、高齢者が診察を受けるための外出もままにならない、とか医師団の日本語がどうの、とか抱える問題は多い。
     ◎
 サッカーのコンフェデレーション杯でブラジルと引き分けた日本代表を賞賛する報道が多い中、辛口コメンテーターとしてしられる日系二世のセルジオ越後氏は「なんとも中途半端な終わり方だ。これなら惨敗した方が今後のためになった」と手厳しい評論を二十四日付け日刊スポーツに掲載した。「ブラジルがゴールを狙う時は、常に正確なパスと速さで日本の守りを崩していた。いつでも得点できるという余裕さえあった。日本はとどめを刺されなかったために同点にできたが、力の差は大きい」。このような目の肥えた評論こそ、〃サッカー後進国〃日本には必要か。
     ◎
 一昨年コチア市にオープンした南米最大の寺院、台湾系佛光山如来寺(ZU―LAI)が週末の観光名所になっている。サンパウロ市から三十三キロ、月間一万人の来場があるという。いま、ブッダがちょっとしたブームだ。ヴィラ・オリンピア区のディスコ内には大きな仏像の模型が鎮座し、人気女優フェルナンダ・トーレス主演の演劇の題にもブッダの名が。「日系のお寺もこの波に乗って信者獲得に励まなくちゃね」。知人の日本人僧侶にそうアドバイスしたら、「ほっとけ(仏)」の一言。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年9月16日 東西南北  政党「共和者(Republicanos、旧・ブラジル共和党)」は今日16日に、サンパウロ市市長選に向けての支部大会を行う。同党からはセウソ・ルッソマノ氏の出馬が確実視されており、ボウソナロ大統領の支援を得ることも堅いとされている。それは、ボウソナロ氏の2人の息子(フラヴィオ氏 […]