ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 先月、青少年の自殺最多日は9月1日だと日本内閣府が発表した。1972年から40年間で1万8千人の青少年が自ら命を絶ったが、人数の多さでは9月1日の131人が1位、2位は4月8日、3位は9月2日といずれも長期休暇明けだった。昨年は、10~19歳の青少年の死因1位に自殺を記録。この衝撃のニュースは今月、G1やEXAMEなど当地大手メディアでも報道された。他サイトでは「親の期待が高すぎるのも原因」「完璧主義の裏返しで自尊心の低さが根底にある」「先進国で自殺するか後進国で殺されるか、どっちがいい」など鋭いコメントの応酬も。〃自殺大国〃の不名誉な呼び名が更に定着か…。
     ◎
 編集部御用達の台湾系スイーツ店「Alteza」に約1カ月ぶりに立ち寄ると、接客係りの台湾系二世の美女から「この前あなた3レアル多めに支払ったわよ」と言われた。どうやら値段を聞き違えて余分に支払ったらしく、今回の会計から値引きしてくれた。うかうかしていて余分に支払わされることはあっても、その逆はまずないので思わず感動。しかも実はコラム子、昨日外食した際、さるレストランで10レ余分に出たつり銭を無言で頂戴したばかり。郷に入っては郷に従えをどこまで適用するべきか―と言い訳がましく考え込みつつも、やっぱり二世世代になっても母国の価値観を維持する彼らが少し清らかに見えてしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]