ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 先月、青少年の自殺最多日は9月1日だと日本内閣府が発表した。1972年から40年間で1万8千人の青少年が自ら命を絶ったが、人数の多さでは9月1日の131人が1位、2位は4月8日、3位は9月2日といずれも長期休暇明けだった。昨年は、10~19歳の青少年の死因1位に自殺を記録。この衝撃のニュースは今月、G1やEXAMEなど当地大手メディアでも報道された。他サイトでは「親の期待が高すぎるのも原因」「完璧主義の裏返しで自尊心の低さが根底にある」「先進国で自殺するか後進国で殺されるか、どっちがいい」など鋭いコメントの応酬も。〃自殺大国〃の不名誉な呼び名が更に定着か…。
     ◎
 編集部御用達の台湾系スイーツ店「Alteza」に約1カ月ぶりに立ち寄ると、接客係りの台湾系二世の美女から「この前あなた3レアル多めに支払ったわよ」と言われた。どうやら値段を聞き違えて余分に支払ったらしく、今回の会計から値引きしてくれた。うかうかしていて余分に支払わされることはあっても、その逆はまずないので思わず感動。しかも実はコラム子、昨日外食した際、さるレストランで10レ余分に出たつり銭を無言で頂戴したばかり。郷に入っては郷に従えをどこまで適用するべきか―と言い訳がましく考え込みつつも、やっぱり二世世代になっても母国の価値観を維持する彼らが少し清らかに見えてしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]