ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

和歌山県人会60周年式典では、アルゼンチン支部から会計の佐藤太二アレハンドロさん(24、二世)が出席。母親が田辺市出身で、今年、子弟受け入れ事業で初めて県を訪れた。流暢な日本語で「自分のルーツはここにあるんだと実感して、感動した。とてもいい経験になった」と笑顔。佐藤さんによれば、現在同会の会員は100人ほどで、約60人が活動に参加しているとか。

春の叙勲で旭日単光章を受章した川村万里子さん。叙勲の知らせを受けた時、「褒めてもらう理由がわからなかったから断ろうと思った」そう。受賞の感想を聞くと「今回の叙勲で日本語教育に注目が集まり、教育環境が少しでも良くなってくれれば嬉しい」「神様に呼ばれるまでは子供たちを育てたい」と語り、「私の勲章は生徒です」と話した。

W杯期間中、元サッカー日本代表の中田英寿氏が、サンパウロ市で展開する「nakata.net cafe」だが、そのカフェ内には日本酒専門バー「N―Bar」も併設するという。そのN―Barが24日、大阪のイベントで先行公開されたと、大阪日日新聞などが報じている。来月6日までの期間限定。日本酒14銘柄が登場するというから、当地オープンの際には本場の味を堪能できそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 08年9月にご来伯され、移民史料館を視察された時の高円宮妃殿下2014年5月30日 W杯=高円宮妃殿下のご来伯へ=2試合ご観戦、文協歓迎会も=日本代表ソロカバで公開練習=日系校生徒ら6千人招く  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)が29日で行なった「5月定例役員会」で、W杯の日本代表関係の日程が明らかになった。到着セレモニー、公開練習、慰霊碑参拝などが組まれ、文協ら日系5団体で構成される「ブラジルワールドカップ日本人訪問者」と、在聖総領事館が一体となった歓迎が […]
  • W杯日本人応援客は何人か=せっかくの特別ビザは30件?!=ブラジル観光省は7千人と予想2014年5月9日 W杯日本人応援客は何人か=せっかくの特別ビザは30件?!=ブラジル観光省は7千人と予想  ブラジル代表チームの正式メンバーも発表され、W杯開始までいよいよ1カ月に迫った。日本外務省や当地の日系団体等が続々と、W杯に合わせて訪伯する日本人旅行客のために、情報サイトを公開するなど方々で動きが出てきた。 宮城県人会はW杯期間中の交流の場として会館を開放し、全試合を大 […]
  • 大耳小耳2010年10月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月9日付け  まさか、まさか。サッカーで日本代表がブラジルの宿敵アルゼンチンに勝つとは。サッカー南アW杯の前までは誰も考えられないことが8日、日本で起きた。キリンチャレンジカップ2010の中で対戦し、1対0で快勝。前半19分に岡崎が決め、メッシ […]
  • 大耳小耳2014年7月24日 大耳小耳  バストス卵祭りの名物オムレツは、ハムとチーズを挟んだだけの素朴な味だが、久しぶりに食べたせいか、やけに美味かった。思えば、茶碗蒸しから温泉卵、卵黄の味噌漬けなど日本の卵料理は随分と種類が豊富だ。一人当たりの卵消費量も日本は329個と多く、メキシコに次いで2位と卵好きの民族 […]
  • 大耳小耳2014年7月4日 大耳小耳  日本祭りの準備で聞こえてくるのは、金曜のサッカーW杯への不安。準々決勝が行なわれ、午後5時からはブラジル代表も試合を行なう。「昨年よりも金曜の販売量を減らしたわ」といった弱気な構えもあったが、その時間帯にどれだけの来場があるか。日本祭りの会場で試合観戦しようという判断もあ […]