ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

6月30日(木)

 下院倫理委員会で証人喚問に応じたヴァレーリオ氏の前秘書は二十八日、同氏がグシケン広報長官の部下マルクス・V・フロラ次官と接触していたとする日程表を委員会に提出した。二〇〇三年五月から十二月までに四回以上の会合が持たれ、同期間に同氏所有の広告企業はいくつもの公社入札で落札した。
     ◎
 裏金を受け取った疑いのあるヘンリ下議(進歩党=PP)が、二〇〇四年のマット・グロッソ州カーセレス市の市長選に出馬した弟の対立候補に、候補を取り下げるよう買収を試みたという。同下議に裏切られた元同僚が告発。
     ◎
 サンパウロ市ブルックリン区で就寝中の両親殺害の共犯容疑で拘束された息女スザネ・リヒトホーヘンが二十八日、二年七カ月の拘置生活から釈放された。高等裁判所は、判決まで同容疑者を拘束する必要がないとした。しかし、検事は同容疑者が、国外逃亡する可能性があるとして高裁処置に不満の意を表明した。
     ◎
 偽札製造現場が二十八日、サンパウロ市南部ジャルジン・サン・ルイース区で摘発され、二人が逮捕された。各種偽札は、本物と見分けがつかないほど精巧で、一日三万レアル分が造られ、偽札三枚と本物一枚の割合で交換されていたという。「諸々の支払のため、一人で偽造技術を学んだ」と容疑者。露天商の密告を受けた警察が一年前から内偵を続け、摘発につなげた。
     ◎
 リオデジャネイロ市中心部リオ・ブランコ通りで二十七日夜、警官と見られる男がバスの車内から路上で靴磨きをしていた少年に発砲、車内はパニックに陥った。足に被弾した少年は病院に運ばれ、手当てを受けた。どの乗客も目撃証言はしないつもり。「ここの警察は強盗より恐ろしい」と女性車掌。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 聖南西総会=15カ月ぶりに対面開催=なんとか生き残る傘下団体=レジストロ仏教婦人会は料理販売を毎月2021年6月8日 聖南西総会=15カ月ぶりに対面開催=なんとか生き残る傘下団体=レジストロ仏教婦人会は料理販売を毎月  「役員会はオンライン開催していましたが、みんな顔が見たいと想いから、2度3度延期となりましたが今回ようやく対面で開催できました」――聖州イビウナ市で開催された聖南西文化体育連盟(UCES)の定期総会後、そう、山村敏明会長は経緯を語った。通常ならば1月に開催だった同連盟 […]
  • 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開2021年5月28日 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開  ブラジル交響楽団(OSB)が20日、新型コロナのパンデミックが始まって以来初めて、舞台で演奏したコンサートを録画し、26日から公式サイトで公開と26日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  OSBはパンデミックが始まってからずっと社会隔離を守り、練習は100%リモ […]
  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹2021年3月17日 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹  新型コロナの感染が始まって以来、1年近く会えなかった74歳の双子の姉妹が、予防接種会場で再会した。  約1年ぶりとなる再会を果たしたのは、連邦直轄区在住のサンドラ・マリア・ヴァレンテさんとシェイラ・マリア・アルブケルケさんだ。  いつも一緒にいたのに、300日以上 […]
  • 《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も2021年3月17日 《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も  長男フラヴィオ上議にかけられている幽霊職員の給与をキックバックさせる不正所得疑惑「ラシャジーニャ」が、ボルソナロ大統領本人にまで及んでいることが報じられている。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領もラシャジーニャを行っていた可能性があるとス […]