ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

6月30日(木)

 下院倫理委員会で証人喚問に応じたヴァレーリオ氏の前秘書は二十八日、同氏がグシケン広報長官の部下マルクス・V・フロラ次官と接触していたとする日程表を委員会に提出した。二〇〇三年五月から十二月までに四回以上の会合が持たれ、同期間に同氏所有の広告企業はいくつもの公社入札で落札した。
     ◎
 裏金を受け取った疑いのあるヘンリ下議(進歩党=PP)が、二〇〇四年のマット・グロッソ州カーセレス市の市長選に出馬した弟の対立候補に、候補を取り下げるよう買収を試みたという。同下議に裏切られた元同僚が告発。
     ◎
 サンパウロ市ブルックリン区で就寝中の両親殺害の共犯容疑で拘束された息女スザネ・リヒトホーヘンが二十八日、二年七カ月の拘置生活から釈放された。高等裁判所は、判決まで同容疑者を拘束する必要がないとした。しかし、検事は同容疑者が、国外逃亡する可能性があるとして高裁処置に不満の意を表明した。
     ◎
 偽札製造現場が二十八日、サンパウロ市南部ジャルジン・サン・ルイース区で摘発され、二人が逮捕された。各種偽札は、本物と見分けがつかないほど精巧で、一日三万レアル分が造られ、偽札三枚と本物一枚の割合で交換されていたという。「諸々の支払のため、一人で偽造技術を学んだ」と容疑者。露天商の密告を受けた警察が一年前から内偵を続け、摘発につなげた。
     ◎
 リオ・デ・ジャネイロ市中心部リオ・ブランコ通りで二十七日夜、警官と見られる男がバスの車内から路上で靴磨きをしていた少年に発砲、車内はパニックに陥った。足に被弾した少年は病院に運ばれ、手当てを受けた。どの乗客も目撃証言はしないつもり。「ここの警察は強盗より恐ろしい」と女性車掌。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意2020年9月19日 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意  最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事は17日、ボウソナロ大統領が最高裁から命じられていた、「連邦警察への介入疑惑」に関する供述の期限を、大法廷での審理後に延期し、審理までは捜査も差し止めさせる命令を出した。これは、大統領がどのような形で供述を行うかを最高裁内部で審理 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(6)2020年9月17日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(6)  前山隆によれば、ハワイで星名が関わった『日本週報』は「謄写版刷り、雑誌体で、表紙に英文紙名と日本字紙名が併記され、椰子の樹、ダイヤモンドヘッドらしき山、サトウキビの畑の挿絵が刷られている。『南米』の体裁と印刷法はすべてこれを踏襲している」とある。  『日本週報』の発 […]