fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 移民の父偲んで=上塚翁の墓参り=プロミッソン市=静岡県人会

移民の父偲んで=上塚翁の墓参り=プロミッソン市=静岡県人会

7月6日(水)

 静岡県人会(鈴木静馬会長)は二日、プロミッソンの市営墓地を訪れ、移民の父、上塚周平の墓参りを行った。参加したのは、三日に催されたカフェランジャ第一平野植民地九十周年に出席した三十八人の慶祝団。在サンパウロ総領事館の沖田豊穂領事も参加した。プロミッソン市営墓地の上塚氏の墓前で線香を上げた後、墓石に刻まれている略歴を興味深そうに眺める参加者も見られた。
 「私は上塚先生の足元で生まれたんです」
 上塚家の庭でいつも遊んでいたというプロミッソン日伯文化体育協会の元会長、安永忠邦さん(84)。長年、墓を守り続けてきた。
 上塚氏が一九三五年七月六日に死去する一週間前、十四歳だった安永さんは、日本語学校の生徒を代表して、病床の上塚氏を見舞っている。
 「その時、私の手を握って『がんばれよ』と繰り返されたことは忘れません」と記者に語った。上塚氏の祥月命日に当たる七月六日には、同文協(約百五十家族)主催で法要が行われている。
 参加者の一人、田村寿さん(85・カンピーナス市在住)は、「本で読んだことがあるし、有名な人なので一度お墓参りをしたいと思っていた」と満足そうに笑顔を見せていた。
 一行は墓地から八キロほど離れた上塚周平公園も訪れ、ブロミッソン入植五十周年を記念して建立された頌徳碑の前で記念撮影を行った。
 園内にある開拓犠牲者、先亡者らを祀った光明観音堂や上塚瓢骨の俳号が刻まれた句碑などを参加者はそれぞれの思いで見て回り、上塚翁の威徳を偲んだ。
 ツアーを企画した旅行会社、石井久順ブラスヴィア社長は、「百周年を控え、過去を忘れないためにも、今回両地を訪れることができたのは意義のあること」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》移民110周年=皇族ご来訪に高まる期待=菊地実行委員長、ノロエステ訪問=(上)=サンパウロ州一体で祝う体制に2017年8月9日 《ブラジル》移民110周年=皇族ご来訪に高まる期待=菊地実行委員長、ノロエステ訪問=(上)=サンパウロ州一体で祝う体制に  実現すればおよそ半世紀振りとなる皇族ご来訪への期待がノロエステ沿線で高まるなか、アラサツーバ日伯文化協会会館で6日、ノロエステ連合日伯文化協会の臨時総会開催された。サンパウロ市からブラジル日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長が出席し、地方と一体となって […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • 大耳小耳2016年4月28日 大耳小耳  県連の2015年事業報告書が完成した。1頁目には「県別移民者数」が掲載され、地震を被災して大変なことになっている熊本県を見てみると堂々の第1位、2万3575人が移住している。2位の沖縄県は2万0449人、3位の福岡県は1万9509人となっており、ダントツの多さを誇る。熊本県出 […]
  • 静岡県人会は先駆者に敬意を表さないのか?2015年8月6日 静岡県人会は先駆者に敬意を表さないのか?  上塚周平は「移民の父」、渡辺トミ・マルガリーダは「コロニアの聖母」と言われるように、平野運平は「祖人」と形容される。その人にしか使われない特別な説明語が着く人物は、移民史上ごく少ない。本当に敬愛される人物にだけ許された特権だ▼「祖人」を辞書で探しても出てこない […]
  • 樹海2015年7月25日 樹海  朝晩冷える毎日だ。日本から来たばかりの末端冷え性の知人は、寒い季節が恐いらしいが、「このくらいなら天国」だとか。とはいえ当地に慣れてくると、この程度の寒さでも身が引き締まる。そして新聞紙面に見かける温かい言葉にも敏感になる。7月の言葉から▼すでに4年。東日本大震災が人の口 […]