ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

7月13日(水)

 先日のルーラ大統領訪日の際、特別に東京・名古屋で先行上映され、一部で話題を読んだ山崎千津薫監督の映画『ガイジン2』。八月十五日から始まるグラマード映画祭の審査部門三作品の一つに選ばれたと、同実行委員会は発表した。九月から全伯ロードショーを行う予定との発表も先日、ロンドリーナで行われたばかり。まずは台詞も入れ直した再編集版『ガイジン1』をグローボ局で放映して話題を盛り上げるとか。できれば、映画祭で受賞し、幸先のいいスタートを切りたいところだが。
     ◎
 ブラジルの釣り人たちは、市販されていない珍味の魚を(自分で釣ることによって)しょっちゅう食べているのだろうか。また、美味しいことで知られ、めったに見ることができない〃幻の魚〃というものがあるだろうか。沖縄タイムスの論説記者が、最近「アブラソコムツ」という幻ものを食べた話を書いていた。乳白色の刺し身は、凍らせないと切れないほど脂っこい。犬でもだるくなるそうだ。食して二日目の朝のトイレまで違和感を覚えたとか。
     ◎
 パラナ州マリンガ市の農業者、高橋庄一さんは毎年、家族や家族の知り合いを集めて聖市で食事会を行っている。年々参加者が増え、十年目の今年は会場のサウーデ文協会館が二百人以上の親類や友達で賑わった。舞踊やカラオケで会場は盛りあがったが、孫やその恋人で結成された『マゴチャンズ』による阿波踊りや家族写真のスライドショーに会場は感動で包まれた。高橋家の愛情が伝染したのか、来場した夫婦や家族は笑顔で帰っていった。

image_print

こちらの記事もどうぞ