ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 「くたくただよ」と言って、差し出した両手は肌荒れがひどかった。日系人と結婚しており、幼い子供がいる。定職が見つからず、長らく親戚の文房具店を手伝っていた。レストランで働き出して二、三年。日々の生活に、悪戦苦闘しているそうだ。
 〈カンポサント 移民の果ては野菊かな〉
 聖州新報社主、香山六郎氏の遺句で、移民の怨念がよく伝わってくる作品だ。昔も今も、海外生活は見た目ほど派手ではないのだろう。
 ブラジル社会に巣立っていったはずの二世たちが、コロニアに戻ってきて〃ご意見番〃になっている。戦前生まれの二世は明かす。「ブラジル人になり切れなかった」。
 政界スキャンダルが連日、伯字紙を賑わしている。いったい、どこに決着するのだろう?(古)

05/7/14

image_print

こちらの記事もどうぞ