ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

7月16日(土)

 アマゾン開拓に尽力した「コンデ・コマ」こと前田光世(一八七八―一九四一年)を学校のシンボルにと、青森県の弘前市立船沢中学校(百九人、三戸建次校長)がマナウス市のプロフェソーラ・ジョセフィーナ・デ・メロ学校(三浦春寿校長)と交流を進めている。コンデ・コマは同県船沢地区出身。十五日付け東奥日報によれば、昨年十月、ブラジル青森県人会五十周年記念式典に合わせて現地に赴いた三戸校長が、在マナウス県人会の懇親会で偶然、三浦校長から交流を呼びかけられた実現した。日本で格闘技ブームの現在、コンデ・コマはもっと知られてもいいだろう。
     ◎
 十五日午後三時ごろ、リベルダーデ区で火事騒ぎ。エステダンテ街を下って、コンセリェイロ・フルタード街を超えて五十メートル先の右側にあるモニース・デ・アラゴン街の民家約二軒が全焼した。真昼間にも関わらず、近隣の庶民の火事場見物で周辺はごった返していた。戦前戦中までは日本人もたくさん住んでいた地域だが、現在は〃コルチッソ〃という貧民地区。エステダンテ街の同フルタード街より下は路上に塀が数カ所築かれ車両進入禁止。まあ、あまり夜通りたくない地区だが。
     ◎
 十五日午前九時前、ブラジル日本語センター入り口で職員が強盗に遭い、自家用車を奪われた。出勤時に車から降りたところを襲われ、周囲の人通りは少なかった。内部には侵入せず、そのまま逃走。職員に、けがは無かった模様だ。正面入り口は二重ドア。夜間に不審人物が入るとブザーが鳴って、夜警が五分以内に駆けつけることになっている。駐車場で襲われるとは、思ってもみなかった。防犯対策に、何か良い知恵ありませんか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 慰霊碑前で先亡者に祈りを捧げる参列者の皆さん2014年11月28日 アマゾン移民85周年法要=慰霊碑でしめやかに追悼  【パラー州ベレン発】汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)は22日午前9時より、アマゾニア援護協会が運営するベレン市近郊アナニンデウア市の厚生ホームのアマゾン開拓先亡者慰霊碑の前で、第36回開拓先亡者追悼法要をパラー生長の家の協力を得て執り行った。 生田会長、小林雅彦在ベレ […]
  • 2009年6月18日 トメアスー=幻の世界的エネルギー構想あった=アマゾン移住80周年記念企画=大物政治家との深い絆=千葉三郎の想い振り返る=岸信介が〃お忍び〃で  アマゾン河口最大の都市ベレンから南に百十キロにある〃北伯移民のふるさと〃トメアスーを舞台にした、現代に通じる幻の大エネルギー構想があったことは、あまり知られていない。ブラジルに縁のある大物政治家といえば、セラードに入れ込んだ渡辺美智雄氏(大蔵大臣など六大臣職)や、海外移住 […]
  • 本の表紙2014年8月23日 伝説の柔道家『コンデ・コマ物語』=青森県人会で取扱中  今月24日に創立60周年式典を控える青森県人会(玉城道子会長)が、昨年6月日本で出版された『コンデ・コマ物語―「柔道世界制覇」と「アマゾン開拓」』(三戸建次著、路上社)を75レアルで販売している。 同県人会の節目を祝して、著者の三戸氏が100冊寄贈した。同県出 […]
  • 大耳小耳2013年1月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年1月16日付け  高拓二世の佐藤夫妻がマナウス市にオープンした「エスパッソ・ユマイ」。名前の由来を尋ねると、佐藤さんは「私の父ユキオ、妻の父マサシの名前をもじって付けたもの。日本語で『勇邁』は、勇敢で強靭という意味だから、アマゾン開拓にやってきた二人の勇 […]
  • 110周年で上塚周平の本出版へ=「移民の父」顕彰、調査=イッペイの会、米原尋子会長2016年1月13日 110周年で上塚周平の本出版へ=「移民の父」顕彰、調査=イッペイの会、米原尋子会長  「ブラジル移民の父」上塚周平(1876―1935、熊本)を母県から顕彰する「イッペイの会」の米原尋子会長(69、熊本市)が昨年末から正月にかけて、13年以来5度目の来伯をし、7日に帰国した。聖州プロミッソン(第一上塚植民地)で昨年行われた「80回忌法要」には120人が参列など […]