ホーム | 日系社会ニュース | 日本のメディアでも報道―日本祭り

日本のメディアでも報道―日本祭り

7月19日(火)

 共同通信社は十五日付けで「ブラジルで日本祭り―五十メートルの巻きずしも」との見出しで日本祭りの記事を配信し、スポーツ紙や地方紙を中心に十六紙以上で掲載された。これはニッケイ新聞社が協力したもの。
 コロニアの催しが日本のマスコミ十数紙に扱われることはごく稀だ。日系社会最大規模の「日本祭り」だが、今回初めて日本で取り上げられたといっても過言ではないようだ。配信しても掲載するかどうかは、各紙の判断によるものであり、日本側からの関心の高さが伺える。
 共同通信リオ・デ・ジャネイロ支局長の本蔵一茂さんは「百周年が近づいているので、コロニアのニュースを増やさなくてはと思っていました」と今回配信した動機を語った。
 グーグルサイトのニュース検索によれば、少なくとも次の十六紙が掲載した。日刊スポーツ、サンケイスポーツ、日本経済新聞、神戸新聞、福島民友新聞、熊本日日新聞、岩手日報、秋田魁新報、山陰中央新報、山陽新聞、大分合同新聞、徳島新聞、四国新聞、中国新聞、河北新報、東奥日報など。ただし、サイト掲載のみで紙版に出ていない可能性もある。
 配信された記事(写真付き)は次の通り。
 【リオ15日共同】約百年前に日本から移民が始まり、海外で最大の日系人社会があるブラジルのサンパウロで十五日、日本文化を紹介する「フェスティバル・ド・ジャポン」(日本祭り)が始まった。
 この日は約二百人が参加して長さ五十メートルの巻きずし作りに挑戦。コメ三十五キロを使った巻きずしが完成すると、大きな歓声が上がった。
 フェスティバルは「ブラジル日本都道府県人会連合会」の主催で今年が八回目。三日間で十五万人の参加が見込まれ、現地の日系社会が定期開催する催しでは「おそらく世界でも最大」(サンパウロの邦字新聞幹部)。
 郷土料理や芸能が紹介されるほか、今年はブラジルでも人気の日本のアニメについての講演会や上映会が行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。聖市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼びかけられ […]
  • 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!2018年6月2日 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が先月24日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。2ヵ月後に迫る『第21回日本祭り』内で行われるギネス記録、110周年記念式典の時間変更などについて報告が行われた。  7月21日午前11時から正午までとされ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り収支は来月報告へ=チエテ国際パークの話題も2016年10月7日 県連代表者会議=日本祭り収支は来月報告へ=チエテ国際パークの話題も  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の9月度代表者会議が、先月29日に文協ビル内の県連会議室で行われた。来訪者発言では下本八郎元聖州議が、チエテエコロジー公園のパルケ・ナソンエス計画について、協力を求める声があった。  冒頭下本さんから、チエテエコロジー公園内に建 […]
  • 活性化へ訴え、県連会議で=故郷巡りや弁論大会の報告も2016年11月4日 活性化へ訴え、県連会議で=故郷巡りや弁論大会の報告も  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の10月代表者会議が、先月27日に文協ビル内の県連会議室で行われた。7、8月の収支報告が行われたほか羽藤ジョルジ市議が当選の感謝を述べた。  第19回日本祭りの会計報告は来月に持ち越された。また、本橋幹久氏から行われた第46回移 […]