ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■五世まで集まる新年会

■ひとマチ点描■五世まで集まる新年会

新年会の記念写真

 「うちの新年会では、一世から五世まで集まるんですよ」。来社したサンパウロ州サンカエターノ市在住の寺田専登(せんと)さん(87、二世)はそう言うと、今月2日にスザノ市の北川家で行われた親族恒例の新年会の写真を見せた。

寺田専登さん

 この新年会は、親族である寺田家、日野家、北川家、小竹家が毎年2月第一日曜日に行っているもの。今年は一世から五世まで約60人が集まった。

 寺田さんによれば、約100人いる親族のうち、殆どが二世か三世。「一世はもう2人だけ。私も二世ですからね」と流暢な日本語で話す。当日は午後6時近くまで皆で持ち寄った食事を楽しんだとのこと。(有)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安慶名栄子著『篤成』(24)2021年6月15日 安慶名栄子著『篤成』(24)  さて、バナナ栽培に携わっていた農夫たちの人生は、左程負担ばかりの人生でもありませんでした。多くの日本人の家族が地域で一緒に暮らしていましたが、共に働き、皆助け合いの精神で頑張っていました。特に沖縄県人は、現在までそうであるように、集まって歌い踊るのが大好きでした。子供が生まれ […]
  • 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着2021年5月4日 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着  ブラジルでの新型コロナ感染第2波は一時ほどの勢いを失い、米国の大学が立てた4月に10万人死亡という最悪のパターンには至らなかったが、4月の死者は8万2266人となり、3月の6万6573人を大幅に更新した。感染者191万264人は、3月の219万7488人に次ぐ記録とな […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]
  • ペラッツォ教授=口述歴史の撮り方を講演=日系社会の語り部談話を残せ!=移民史料館研究センター2021年4月15日 ペラッツォ教授=口述歴史の撮り方を講演=日系社会の語り部談話を残せ!=移民史料館研究センター サンパウロ日本移民史料館(山下リジア運営院長)は3月25日午前9時、サンカエターノ・ド・スル市立大学(USCS)で歴史学を教えるプリシーラ・フェレイラ・ペラッツォ教授からオンラインで「ブラジル日系コミュニティの文化遺産、ビデオの口述歴史(オーラル・ヒストリー)」と題する […]
  • 東西南北2021年3月13日 東西南北  サンパウロ州でも医療崩壊が起きはじめ、赤レベルよりもっと厳しい外出自粛規制を行う必要が生じたことは、サンパウロ州民のみならず、全国的に知られている。その最中、大サンパウロ市圏サンカエターノ・ド・スルでは、州の判断を無視し、赤レベルでは営業できないはずの美容院や洋品店、レストラ […]