ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■五世まで集まる新年会

■ひとマチ点描■五世まで集まる新年会

新年会の記念写真

 「うちの新年会では、一世から五世まで集まるんですよ」。来社したサンパウロ州サンカエターノ市在住の寺田専登(せんと)さん(87、二世)はそう言うと、今月2日にスザノ市の北川家で行われた親族恒例の新年会の写真を見せた。

寺田専登さん

 この新年会は、親族である寺田家、日野家、北川家、小竹家が毎年2月第一日曜日に行っているもの。今年は一世から五世まで約60人が集まった。

 寺田さんによれば、約100人いる親族のうち、殆どが二世か三世。「一世はもう2人だけ。私も二世ですからね」と流暢な日本語で話す。当日は午後6時近くまで皆で持ち寄った食事を楽しんだとのこと。(有)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■豊田ルミさん2020年3月12日 ■訃報■豊田ルミさん  サンパウロ州サンカエターノ市在住で、ブラジル愛知県人会の元会長、元愛知県費留学生の豊田(とよだ)ルミさんが、10日午後11時にマリア・ブライド病院で亡くなった。  死因は胆のうがんで、1カ月程前から入院していた。癌が進行し手術を行うことも難しい状態だったという。享年 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで2019年11月6日 豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで  環境芸術家の豊田豊さんは展覧会を11日(月)から、サンパウロ州サンカエターノ・ド・スル市のピナコテッカ・ムニシパル(Av. Dr. Augusto de Toledo, 255 - Santa […]
  • 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《4》=伯米日系社会に共通した迫害体験2019年5月8日 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《4》=伯米日系社会に共通した迫害体験  戦時中のアメリカ本土の二世は、『アメリカ人として国のために戦ってもいい。でも、それなら自分たちをちゃんとアメリカ人として扱い、家族を強制収容所から出して、元の生活に戻してくれ』と反論した。ロッキーさんは「強制収容は憲法違反だと訴え、逆に逮捕されたりしています。その訴え […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボウソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]