ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 拡大路線を走り、開催規模がより大きくなった日本祭り。コロニアの参加団体は、来年も開催されたら、ぜひ参加したいと思っているだろうか。苦労した割りには報われない、もうこりごり、なのだろうか▼日本から来てまだ日の浅い人たちは、異口同音に感想を述べた。「日系社会の底力を見た」。たぶん会場に詰め掛けた人の多さを言ったのだと思われる。十万人も誇張ではあるまい。昨年(サンパウロ州議会議事堂駐車場で開催)の四十万とかは、余りにもはったりが過ぎた▼今回の人出を見て、移民百年祭のサンパウロ記念式典もあれくらい集めて挙行できないか、と欲が出てきた。多いばかりが素晴らしいのではないが、参加者が少なくて貧相なのは困る。七十周年祭の際のパカエンブー競技場には七万人が集まった。公式発表である▼いまどき式典とアトラクションのみで七万人を動員するのは至難である。日本祭りの集客は、いくつかの企画努力があってできたのである。「食べもの」「展示」「芸能」、その他だ。非日系人にとっても、なにか「行ってみよう」という魅力があったわけだ▼入場料五レアルは、ブレーキにはならなかった。たとえ、イドーゾから徴収しても、さほど総客数には変化がなかっただろう。つまり、興味を覚えれば、行く人は行くのである。百年祭の魅力づくり、興味をかきたてる企画は、ことしの日本祭りが、いくらかは参考になるはずだ。主催者県連はまだまだ色あせていないこともわかった。(神)

05/08/03

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]