ホーム | 日系社会ニュース | 大津・サレゾポリス=提携37年交流

大津・サレゾポリス=提携37年交流

2005年8月18日(木)

 熊本県大津町とサンパウロ州サレゾポリス市と姉妹提携を結んでから今年で三十七年。青年交換交流制度は二十年目を迎え、今年は日本から宮崎藍さん(23)、魚野伸明さん(42)の二名が四日に着伯した。
 今回は初めてペルナンブッコ州グラヴァター市へも訪問。小瀬真澄さんは「東北部との交流は初めて」と強調する。これは、サンスイの社長でもあり、同市役所の特別補佐官でもある平崎靖之さんが、ジョアキン・ネト・デ・アンドラーデ・シルバ同市長の「日本と交流したい」との申し入れを受けたことがきっかけ。今年五月には大津町へ小瀬さん、魚野正之サレゾポリス元市長が訪れ、実現の運びとなった。
 また、レシフェ総領事館を訪問。同市の小学校で交流を行った。パレードで盛大に歓迎してくれたそう。また、同市立、同州立高校のサッカー試合を観戦。勝ったチームには母県、「ロッソ熊本」のユニフォームを贈呈した。
 サレゾポリス市では市役所、市内見学をした。七日に同市内で行われた魚野正之さん宅での歓迎会については「七十三人も親戚が来てびっくりした。人の絆の強さを知った。ブラジルは誰とでもすぐ仲良くなれる気がする。この良さを日本にも持ち帰りたい」と宮崎さん。渡伯を決めた理由は、同町広報誌で同制度を知り「サッカーが盛んでコーヒーで有名な国、くらいしかブラジルの事を知らなかったので他の事も知りに、行ってみたいと思って応募した」と話す。
 魚野伸明さんは、魚野正之さんと親戚ということもあり、渡伯。以前も仕事の関係上マナウスを二度訪れたことがある。「先祖が移民としてブラジルに来ているので、自分の目でこの地を見ておきたかった」と言う。「国が大きいから人がおおらかなのが一番印象に残っている」と感想を話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 季刊誌『海外日系人』最終号の表紙2014年7月18日 伝統の『海外日系人』誌廃刊=経費削減で37年の歴史に幕=今後ウェブ展開に比重置く=「知る機会を増やしたい」  世界の日系人と母国を結ぶ公益財団法人「海外日系人協会」(田中克之理事長)=神奈川県横浜市=が発行する季刊誌『海外日系人』が、今年3月号(74号)をもって廃刊となった。移住者・日系人に関する相互理解を目指して1977年に創刊され、年に2回各号約4千部を発行してきた(編集=海 […]
  • ロンドリーナ文協新会館建設へ=鈴木勇会長 改革プラン語る2005年2月8日 ロンドリーナ文協新会館建設へ=鈴木勇会長 改革プラン語る 2月8日(火) […]
  • 東西南北2017年5月24日 東西南北  英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日のサンパウロ市公演は延期の予定はないと、主 […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]