ホーム | 連載 | 2005年 | 米国日系人収容所=「マンザナー」=日系人自身が舞台で掘り起こす | 米国日系人収容所=「マンザナー」=日系人自身が舞台で掘り起こす=連載(下)=祖国から「敵」と呼ばれた=その驚きと絶望は―

米国日系人収容所=「マンザナー」=日系人自身が舞台で掘り起こす=連載(下)=祖国から「敵」と呼ばれた=その驚きと絶望は―

2005年9月2日(金)

 観客の一人、鈴木多佳子さん(57、在米十五年)は「音楽とナレーションという、なかなか見る機会のない形態だったので楽しめた。日系人収容所のことは殆ど知らなかったので、ああいうかたちで表現されるとわかりやすかった。ただ、悲惨な印象は受けなかった」と感想を述べた。
 また、オクラホマ州出身のスコット・バクスターさん(52)も、「クラシック音楽の演奏会はいつもは眠くなるのだが、今日はそうではなかった。特に後半の音楽は説得力があってよかった」と高く評価した。
 作品全体について、ロスアンゼルスタイムス紙は、「音楽作品としての一貫性はないものの、説得力のある内容」と評した。
 当日会場が満席になったのは、「ケント・ナガノの知名度もさることながら、マンザナーをはじめ、全国にある日系人収容所の存在を、観客が重きものとして受け止めているから」としている。
 後日、公演が行われたことを知った在ロスアンゼルス日本人の中から、「(公演があることを)まったく知らなかった。知っていたら観に行ったのに」という声も聞こえた。
 ロスアンゼルスで発行されている日系の新聞やフリーマガジンなどには殆ど取り上げられることがなかったのである。むしろ、ローカルのクラシック専門FM局などで盛んに宣伝活動が行われていた。
 今もロスアンゼルスには、全米で最大の日系人社会がある。三世、四世になってくると、自らのルーツを日本におきながらも、祖国は、と問われれば、「ユナイテッド・ステイツ」と答える。
 ところがその祖国に、ある日突然「敵」と呼ばれ、塀の中に送り込まれたのである。その驚きと絶望はいかなるものだったか。
 世界各地で相変わらずテロが行われ、その都度、人々は隣人に対し疑心暗鬼になっている。「マンザナー」の公演は、過去のあやまちを思い起こさせ、もう一度自らの態度を省みるための一石を投じたと言えよう。
 舞台の最後は、名優マーチン・シーンの台詞で閉められた。「敵とは誰だ。敵を創ったのは誰だ。敵を創ったのは、私たちの中にある恐れだ」。おわり
   ◎    ◎
 前重明子(まえしげめいこ)六六年、広島生まれ。音楽家、オペラ演出家。ひろしま国際オペラスタジオ、ロングビーチオペラを経て、現在フリー。九五年に渡米。ロスアンゼルス地区唯一の二十四時間日本語放送局「TJS」のパーソナリティも務めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年5月13日 コラム オーリャ!  選挙が終わって肩の荷下りて、電話ではなく、靴底を減らしての取材中、サ紙の『移民七十年記念特集』が目に止まった。 […]
  • 東西南北2009年4月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年4月28日付け […]
  • 東西南北2021年8月12日 東西南北  ボルソナロ大統領が下院でヴォト・インプレッソの投票が行われる日に三権広場で戦車の行進を行わせたことに、国民からの批判が集まっている。ネット企業「クエスト」が行った調査によると、この行為に対するツイートの93%が批判的なものだったという。また、その反応の中では、ラップ歌手のマル […]
  • USP茶道講座開設40周年=茶会、生け花展示、講演も2019年11月26日 USP茶道講座開設40周年=茶会、生け花展示、講演も  サンパウロ大学(USP)日本文化研究所(菊池渡所長)は、茶道の講座開設40周年を記念して29(金)、30(土)の両日、同研究所(Av. Professor Lineu Prestes, 159 - Cidade […]
  • ネルソン・バルボーザ企画・予算管理相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)2015年4月17日 16年度のLDO発表=インフレ上限突破容認か=最低賃金は8・37%増へ  15日に連邦議会に送られた16年度の連邦予算基本法(LDO)によると、来年度の最低賃金は、今年の月額788レアルから8・37%上昇し、月額854レアルになる見込みだと16日付伯字紙が報じている。 最低賃金は前年のインフレ率と2年前のGDP(国内総生産)成長率を合わせた率で […]